POGドラフト対策 ブログ 2022-2023

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

ドラフト

早期デビューはやっぱり有利!

デビュー月別レース出走頭数一覧 上記表は過去3年の日本ダービー、オークス、NHKマイルカップの出走馬(競走除外馬含む)を対象として、デビュー月別にその頭数を集計した表です。 表の見方ですが、2022年日本ダービーに出走した馬の内、7月にデビューした馬…

2022年POGドラフト戦略 ~ ディープインパクトバブルに気をつけろ!~

ディープインパクトバブルに気をつけろ 2019年7月にこの世を旅立ったディープインパクト。今更語るまでもありませんが、種牡馬として10年連続でリーディングサイアーランキングのトップに君臨し、産駒の勝率は他の種牡馬に比べ、頭1つも2つも抜け出ていまし…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! ハーツクライ産駒編 ~

2022年ハーツクライ産駒初仔 種牡馬ハーツクライは2008年に種付けが開始され、初年度産駒は2010年にデビュー。2013年に国内リーディングサイアーランキング5位になって以降、常に国内リーディングサイアーランキングで上位をキープし続けてきました。そんな…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! エピファネイア産駒編 ~

2022年エピファネイア産駒初仔 エピファネイアの初年度産駒からは牝馬クラシック3冠のデアリングタクトが、2年目産駒からは年度代表馬エフフォーリアが輩出され、3年目産駒からは阪神JF勝ち馬のサークルオブライフが現れ、エピファネイアの種牡馬としての評…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! ロードカナロア産駒編 ~

2022ロードカナロア産駒初仔 2022年に競走馬デビューする(2020年産の)ロードカナロア産駒はアーモンドアイのクラシック3冠を見届けた翌年の種付けによって生まれた産駒。言い換えれば、ロードカナロア産駒の種牡馬人気が最も高騰した年の種付けと言えるの…

2022年POGドラフト戦略 ~ ”初仔は走らない!" は、もう古い! ~

初仔成功事例(初仔でPOG期間内に重賞勝利を飾った仔達) 初仔成功事例 『初仔は走らない』と競馬界では、まことしやかに囁かれているが、果たしてそれは本当なのだろうか?上記表は、初仔ながらPOG期間内に重賞勝利を飾った産駒の事例(たぶん抜け漏れあり…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part3~

Kingman産駒について 2020年産Kingman産駒一覧 Kingmanは英国で供用されている欧州トップクラスの種牡馬。初年度産駒からGⅠ Winnerを輩出し、2年目産駒からもGⅠ Winnerが出ています。日本で走った産駒数は決して多くはないものの、2021年にはシュネルマイス…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part2~

ドゥラメンテ産駒について(カッコ内は総産駒数、2019年産は4月11日時点) POG期間内に1400m以上の芝レースで2勝以上したドゥラメンテ産駒は以下の通り。 ドゥラメンテ産駒 初年度産駒からは菊花賞馬タイトルホルダーが、2年目産駒からは桜花賞馬スターズオ…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part1~

種牡馬別産駒数推移 10年連続でリーディングサイアーランキングの首位を走り続けたディープインパクト。その産駒も2022-2023年シーズンはたったの6頭。その6頭の中からクラシック戦線を賑わすような活躍馬が輩出されるのか否か?その答えは神のみぞ知るとい…

2022年POGドラフト戦略 ~ディープインパクト産駒の取捨選択~

2020年産ディープインパクト産駒一覧 2022年のPOGドラフトにおける重要な戦略の1つにディープインパクト産駒の取捨選択があります。2020年産のディープインパクト産駒数は僅か6頭。内訳は牡馬2頭、牝馬4頭です。 確率論から言えば、わずか6頭の産駒からクラ…

2WS POG ドラフトリスト 2022-2023 発売開始!!

今年もPOGドラフトリストの販売を開始しました!まだ、皐月賞前の時期ですので、2021-2022シーズンの結果は確定していませんが、POGメンバー内での戦績は予想がつく時期に来ているのではないでしょうか?特に負け組の方は、次のドラフトに向けて準備を進めて…

POGにおける高齢(16歳以上)の繁殖牝馬から生まれた仔の取捨選択について

競走馬としてデビューする前の若駒達の中から重賞で活躍するような馬を探し出すのは、本当に難しい作業です。POG愛好家の皆さんもいろいろな角度で検討し、それぞれの基準で選んでいらっしゃるのではないでしょうか。いくつもある参考基準の一つに、母馬の出…

毛色の発現と競争能力は相関する??

2020 – 2021シーズンのPOGで最も話題となったことといえば、世界初、白毛のクラシックホースが誕生したということでしょう。その名前はソダシ(牝)。無傷の5連勝で2021年桜花賞馬に輝きました。その綺麗な馬体で多くの人を魅了しています。さて、多くのPOG…

POG的視点で見る馬体重の増加と成長

先日、とある桜花賞出走予定の競走馬の掲示板を見ていたら、『この馬は昨年から馬体が増えていないので成長していない』という内容の投稿を見かけました。あ、そういう見方もあるんだ!と思うのと同時に、それって実際はどうなんだろうと思って、過去の桜花…

2WS POGドラフトリスト 2020-2021結果振り返り

2020 - 2021ブログのスタートにあたって、2020 – 21の振り返りを行います。下記が結果の一覧です。2WS indexの中心コンセプトであるPOG期間内2勝以上を実際に上げたドラフトリスト掲載馬は、牡馬が29頭中4頭、牝馬が24頭中4頭でした(2021年4月13日時点)。 …

POGドラフト対策 ブログ START!!

今年もPOG ドラフト対策 ブログを開始いたします。皆様のドラフト対策の一助になれば幸いです。初めて当ブログをご覧いただく方のために、このブログの中心コンセプトとなる2WS indexについて説明しますね。 2WS indexとは・・・ POG期間内(その年の6月の新…