POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

ドラフト

POG2019-2020ドラフト対策 No.41 サリオス

サリオス 母自身の競走馬としての戦績は、独オークス【G1】 1着、ハンブルク牝馬賞【G3】 1着をはじめ海外4勝。繁殖牝馬としてはこれまで4頭を出産。初仔から3頭目までは全てディープインパクト産駒。そのディープインパクト産駒の戦績は、2頭目のサラキアが…

POG2019-2020ドラフト対策 No.40 バトーデュシエル

バトーデュシエル 母自身の競走馬としての戦績は18戦3勝。その3勝はいずれもダートであった。繁殖牝馬としてはこれまで8頭を出産。目立った戦績を収めた産駒はまだ無く、キングカメハメハ産駒のアドマイヤテンクウが2010年京成杯 2着、アドマイヤスピカが201…

POG2019-2020ドラフト対策 No.39 ダノングロワール

ダノングロワール 母自身の競走馬としての戦績は、スピナウェイS【G1】 1着をはじめ海外3勝。繁殖牝馬としては、これまで2頭の産駒を出産。初仔はディープインパクトとの配合によって生まれたが、POG期間内は4戦0勝と全く振るわなかった。父のsightseeingは…

POG2019-2020ドラフト対策 No.38 カインドリー

カインドリー 母自身の競走馬としての戦績は、17戦4勝。主な勝鞍は2006年フィリーズレビュー【G2】 1着、2005年フェアリーS【G3】 1着。父のフォーティナイナーは2 ~ 3歳時にアメリカで19戦11勝の戦績。トラヴァースSをはじめG1を4勝している。母は競走馬と…

POG2019-2020ドラフト対策 No.37 サトノエスペランサ

サトノエスペランサ 母自身の競走馬としての戦績は21戦4勝。主な勝鞍は2006年エリザベス女王杯【G1】 1着、2007年エリザベス女王杯【G1】 2着、2006年オークス 2着、2006年札幌記念【G2】 1着など。繁殖牝馬としてはこれまで9頭を出産。出世した馬の筆頭とし…

POG2019-2020ドラフト対策 No.36 アヌラーダプラ

アヌラーダプラ 母自身の競走馬としては未デビュー。繁殖牝馬としてはこれまで5頭を出産。しかしながら、いまだオープン馬は誕生していない。しかしながら、シンハリーズを祖母に持つ活気あふれる牝系出身のため、生まれてくる産駒には大きな期待がかかる。…

POG2019-2020ドラフト対策 No.35 フィリオアレグロ

フィリオアレグロ 母自身の競走馬としての戦績は、特筆すべきものはなく、キラヴランS【G3】 3着が最高。繁殖牝馬としてはこれまで9頭を出産。Marjuとの間に生まれたサトノクラウンが2017年宝塚記念【G1】 1着、2016年香港ヴァーズ【G1】 1着とG1 2勝を果た…

POG2019-2020ドラフト対策 No.34 サトノフラッグ

サトノフラッグ 母自身の競走馬としての戦績は、 亜オークス(G1) 1着、亜1000ギニー(G1) 1着をはじめ海外5勝。父Not for saleはフォルティノ系。繁殖牝馬としては、これまでに3頭を出産。いずれもハーツクライが種付けされたが、産駒の活躍は今一つ。体質が…

POG2019-2020ドラフト対策 No.33 スパンクルドスター

スパンクルドスター 母は競走馬として、海外10勝をはじめ以下の成績を収めた名牝中の名牝である。1着 - 仏オークス(G1)、ヴェルメイユ賞(G1)、サンタラリ賞(G1)、ビヴァリーディS(G1)、フラワーボールS(G1)、ジャンロマネ賞(G1)2着 - 英ナッソーS(G1)、オペ…

POG2019-2020ドラフト対策 No. 32 ジュンライトボルト

ジュンライトボルト 母自身の競走馬としての戦績は2戦0勝。繋ぎが立っており、馬体重の衝撃を吸収できにくいため脚を傷める可能性の高かった。調教では両膝に疲れが出たり、爪を補正する必要が出てきたり、フレグモーネにかかったりとデビューまでに十分な調…

POG2019-2020ドラフト対策 No.31 アトリビュート

アトリビュート 母自身の競走馬としての戦績は10戦4勝。主な勝鞍としては2008年秋華賞【G1】がある。繫殖牝馬としては、これまで6頭を出産。代表的な産駒としては、ブライトエンブレム【2014年札幌2歳S 1着】、ウィクトーリア【2019年フローラS 1着】がいる…

POG2019-2020ドラフト対策 No.30 イースセティクス

イースセティクス 母の父はミスタープロスペクター系seeking the gold。母はNorthern dancer系Storm Cat産駒。繁殖牝馬としてはこれまで6頭出産。重賞勝ちを収めた産駒はまだいない。これまでの産駒は体質が弱いことが多く、鼻出血や皮膚病などでレースに順…

POG2019-2020ドラフト対策 No.29 マイラプソディ

マイラプソディ 母自身の競走馬としての戦績は、ラブレアS 【G1】 1着をはじめ海外11勝の戦績。父Salt Lakeは日本では3冠馬アパパネの母父として知られており、Salt Lake自身は短距離路線で活躍した。母のBraids and BeadsはSeattle Slewの流れを汲むCapote…

POG 2019-2020ドラフト対策 No.28 アドマイヤチャチャ

アドマイヤチャチャ 母自身の競走馬としての戦績はQエリザベス二世チャレンジC 【G1】 1着、ビヴァリーディS 【G1】 2着をはじめ海外6勝。父馬のCactus RidgeはStrom Cat系ヘネシー産駒。ホットチャチャはこれまでに3頭の産駒を輩出。出世頭はエタリオウ【父…

POG2019-2020ドラフト対策 No.27 リンドブラッド

リンドブラッド 母自身の競走馬としての戦績は、ラスヴァージネスS 【G1】 1着、 サンタアニタオークス【G1】 2着をはじめとして、海外3勝の実績。父のUnusual Heatはヌレイエフ産駒。ゴールデンドックエーはこれまで5頭の産駒を輩出。出世頭はディープイン…

POG2019-2020ドラフト対策 No.26 ターヌビウス

ターヌビウス 母馬の競走馬としての戦績は、23戦5勝。主な成績は2013年ヴィクトリアマイル 2着、2012年マイルチャンピオンシップ 3着、2012年京都牝馬S【G3】 1着、2012年関屋記念【G3】 1着等。父は日本競馬史上最高レベルの競走馬であったディープインパク…

POG2019-2020ドラフト対策 No.25 ミアマンテ

ミアマンテ 母の競走馬としての戦績は、デビュターントS 【G1】 1着をはじめ、海外2勝。父Pulpitは3歳時に米で6戦4勝。重賞はG2どまり。母系はノーザンダンサー~ストームキャットへの流れを汲むヘネシー産駒。繁殖牝馬としては、これまで4頭を出産。出世頭…

POG2019-2020ドラフト対策 No.24 プラトン

プラトン 母馬ロベルタの競走馬としての戦績は、12戦3勝。重賞勝ちはない。父ブライアンズタイムは1990年代中盤から2010年代まで、3冠馬ナリタブライアンをはじめ、サニーブライアン、タニノギムレット、マヤノトップガン等数多くの名馬を送り出した名種牡馬…

POG2019-2020ドラフト対策 No.23 アドマイヤビルゴ

アドマイヤビルゴ 本馬は母が11歳の時に出産した4頭目の仔。そして、3年連続ディープインパクトが種付けされた母馬の3年目の産駒であり、牧場としては期待をかけた配合のようである。しかし、上2頭のディープインパクト産駒のPOG期間内の戦績は共に1勝止まり…

POG2019-2020ドラフト対策 No.22 タイミングハート

タイミングハート 本馬は母が12歳の時に出産した7頭目の仔。母の競走馬としての戦績は、フィリーズマイル【G1】を含む2勝馬。母の父Sadler's Wellsは2 ~ 3歳時に英仏愛で11戦6勝。愛2000ギニーをはじめG1を3勝。英愛のリーディングサイアーに計14度輝く大種…

POG2019-2020ドラフト対策 No.21 ポタジェ

ポタジェ ルージュバックの活躍もあってか、本馬の血統はPOGでは常に注目される。本馬は母が14歳の時に出産した7頭目の産駒である。母の競走馬としての戦績は、BCディスタフ 【G1:ダート1800m】、ラフィアンH 【G1】、オグデンフィップスH 【G1】、パーソナ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.20 ダノンレガーロ

ダノンレガーロ 本馬は母が10歳の時に出産した3頭目の産駒。これまでディープインパクト、ロードカナロアが種付けされた。母の競走馬としての戦績は、CJC新1000ギニー【G1】をはじめ、海外8勝。ニュージーランド3歳牝馬チャンピオンにも輝いた。父Redoute's …

POG2019-2020ドラフト対策 No.19 リリレフア

リリレフア 本馬は母が10歳の時に出産した6頭目の仔。母はこれまでゼンノロブロイ、ダイワメジャー、ハーツクライ、オルフェーヴルが種付けされた。母はリスグラシューをはじめ、素質の高い産駒を輩出している。父にロードカナロアを配した本馬にも大きな期…

POG2019-2020ドラフト対策 No.18 ダブルアンコール

ダブルアンコール 本馬は母が14歳の時に出産した9頭目の仔。母の競走馬としての戦績は、チヴァリーパークS 【G1】 1着をはじめ、計4勝。母の父Bertoliniはノーザンダンサー系Danzig産駒。繁殖牝馬としては、2012年牝馬クラシック3冠、2012,13年ジャパンカッ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.17 レヴィオーサ

レヴィオーサ 母の競走馬としての戦績は21戦5勝。主な成績は以下の通り。1着:2013、2014年 ヴィクトリアマイル 【G1】、2012年 クイーンC 【G3】 2着:2012年 桜花賞 【G1】、2012年 優駿牝馬 【G1】、2012年 秋華賞 【G1】 2012年 エリザベス女王杯 【G1】…

POG2019-2020ドラフト対策 No.16 モーソンピーク

モーソンピーク 本馬は母が9歳の時に出産した4番目の仔。母の競走馬としての戦績は、VRCオーストラリアンギニーズ 【G1】、ATCストームクイーンS 【G1】、ランドウィックギニーズ 【G1】、VRCオークス 【G1】のG1 4勝をはじめ、8勝をあげており、…

POG2019-2020ドラフト対策 No.15 ハナビマンカイ

ハナビマンカイ 本馬は母が9歳の時に出産した3頭目の仔。母の競走馬としての生涯戦績は26戦4勝。主戦場は芝1200 ~ 1400mであった。母の父スウェプトオーヴァーボードはミスタープロスペクター ~ フォーティナイナー ~ エンドスウィープの流れを汲み、その…

POG2019-2020ドラフト対策 No.14 パイネ

パイネ 本馬は母が11歳の時に出産した6頭目の仔にして、5頭目のディープインパクト産駒。母の競走馬としての生涯戦績は9戦1勝。初勝利はダート1700m。デビュー戦も3歳の1月と早いデビューではなかった。ダートでの初勝利を見る限り、自身は母馬のブロード…

POG2019-2020ドラフト対策 No.13 ルナシオン

ルナシオン 本馬は母が12歳の時に出産した7頭目の仔。これまでホワイトマズル、サムライハート、ハーツクライ、ディープインパクト、オルフェーヴルが種付けされた。母の競走馬としての戦績は、2戦0勝。2戦とも2桁着順で馬場はダート。競走馬としては全く良…

POG2019-2020ドラフト対策 No.12 ヒートオンビート

ヒートオンビート 本馬は母が9歳の時に出産した2番目の仔。母自身の競走馬としての戦績は2011年桜花賞【G1】をはじめ、重賞2勝。生涯戦績は22戦4勝。父はディープインパクト、母はノーザンダンサー ~ ラストタイクーンの流れを汲むMarju。繁殖牝馬として母…