POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.264 スペースフライト

スペースフライト プロフィール

スペースフライト

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬スペースフライトは母馬シャインプレジャーが出産した7頭目の仔。母馬シャインプレジャーにはこれまでスズカフェニックス、スウィフトカレント、ナカヤマフェスタ、ディープブリランテ、クロフネ、キズナが交配されてきました。母馬の仔の中での出世頭はスズカフェニックス産駒のウインフェニックスです。ウインフェニックスの生涯戦績は52戦4勝。主な実績としては2014年ラジオNIKKEI賞(GⅢ)3着があります。しかし、最も大きな実績は52戦もしたことです。無事是名馬なりを地で行く称賛に値する実績です。また、気になるのは全兄ヤシャマルの戦績です。ヤシャマルの現時点での戦績は11戦1勝。勝率は1割以下ですが、連対率は45.5%、複勝率は72.7%とこれからの活躍が全く期待できないほど低い数値ではありません。

 

競走馬としての母馬について

母馬シャインプレジャーの競走馬としての生涯戦績は1戦0勝。1戦0勝ですので、競走馬としては全く活躍できませんでした・シャインプレジャーの血統背景を見てみると、シャインプレジャーの祖母タレンティドガールから広がる牝系には2012年ヴィクトリアマイル(GⅠ)勝ち馬のホエールキャプチャや2019年京都金杯(GⅢ)勝ち馬のパクスアメリカーナがいますが、近親と呼べるほど近い血縁ではありませんので、シャインプレジャーは優秀な血統背景を有しているとまでは言えません。

 

父馬の産駒の傾向

本馬スペースフライトの父馬キズナからは現在までのところ、大物と呼ばれる産駒は誕生していませんが、2019年リーディングフレッシュサイアーに輝き、父馬ディープインパクトの後継種牡馬としての期待が高まっています。産駒のレベルは決して低くはありません。まだ1世代しか輩出していませんので、今後、配合相性や管理育成方法の習熟化により大物の産駒が輩出される可能性は高まるものと思われます。

 

総合評価

本馬スペースフライトの2WS indexは16となりました。父馬キズナは種牡馬としては大物こそ輩出していませんが、輩出される産駒のレベルは低くありませんので特に問題はないでしょう。また、本馬スペースフライトは2年連続でキズナが交配されて誕生した母馬2頭目のキズナ産駒です。推測になりますが、1頭目の仔の評価が良かったのだと思われます。一方、母馬シャインプレジャーは血統背景としては悪くはありませんが、強調できる点も特にありません。全兄ヤシャマルのPOG期間内の戦績は全く振るいませんでしたので、本馬にも大きな期待をかけにくい状況と言えます。2WS indexの値も低く出ていますので、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

現在、2WS indexの精度の検証経過を有料(¥110税込)にて公開しています。御興味のある方は、下記 『 note 』 というサイトでご覧下さい。表紙を見るだけなら無料です。下記リンクは表紙へのリンクです。

note.com

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net