POGドラフト対策 ブログ 2021-2022

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POGドラフト対策 ブログ 2021-22 START!!

今年もPOG ドラフト対策 ブログを開始いたします。皆様のドラフト対策の一助になれば幸いです。初めて当ブログをご覧いただく方のために、このブログの中心コンセプトとなる2WS indexについて説明しますね。

2WS indexとは・・・

  • POG期間内(その年の6月の新馬戦開始日~翌年の日本ダービー当日まで)にJRA主催で行われる芝1400 ~ 2400mのレースで、通算2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフトが行われる前に予測することを目的として開発している指数です。
  • 名称は、2勝以上の英語訳 ” 2 wins or more “ に由来します。
  • POG期間内に2勝以上を上げることのできる馬、または2勝以上できない馬を完璧に予測できる指数ではありませんが、判断に迷った時の判断材料の1つにはなり得るものと考えています。

背景

POG期間内に2勝以上をあげる競走馬をPOGドラフトで指名できれば、勝利とはいかないまでも負けないPOG ライフを楽しむことができると考えたことから始まりました。2勝以上をあげることのできる競走馬を複数指名することができれば、その中から重賞、G1を獲得できる競走馬を指名できる可能性が更に高まると考えました。

 

そして、2WS indexの開発に取り組み、2WS indexを基に作成したドラフトリストの販売の案内、ドラフトリスト非掲載馬の2WS indexをブログで紹介しています。

2WS indexの現時点での限界

  • POGドラフトにおいて、競走馬の育成現場からの情報に勝る情報はありません。2WS indexは過去のデータをもとに算出している指数で、指数算出の基となる兄姉のJRA主催レースでの競争実績がない場合は算出できません。2020-2021シーズンはソダシ、メイケイエールをはじめとする初仔が大活躍しました。初仔の活躍を予測する指数の開発も今後の検討課題です。
  • 2WS indexは、まだ開発途上のものなので、指数と競争成績は関連しない場合が多々あります。2WS indexの値が高くても2勝以上できない馬や2WS indexの値が低くても2勝以上できる馬は存在します。

 

今年も 2WS POGドラフトリスト 2021 – 2022版を下記ネットストアや全国の主要コンビニエンスストア、電子出版ポータルサイトe-SHINBUNでご購入頂けることとなりました(2021年4月12日発売開始)。ぜひ、ドラフト対策の一環としてお役立て下さい。なお、前回分も引き続き販売しておりますので、お間違えの無いよう、お気を付けください。

winsormore.stores.jp

 

www.e-printservice.net

 

まだ、2020 - 2021シーズンは終了していませんが、新シーズンもPOGライフを楽しみましょう!

 

www.e-shinbun.net