POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.110 リバースレー

リバースレー プロフィール

リバースレー

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬リバースレーは母馬モシーンが出産した5頭目の仔。母馬にはこれまでディープインパクト、ロードカナロアが交配されてきました。母馬の仔の中での出世頭はディープインパクト産駒のプリモシーンです。プリモシーンは現時点では重賞3勝の実績を上げています。POG的にも2018年フェアリーステークス(GⅢ)を制覇し、クラシックでの活躍が期待されました。残念ながら桜花賞は10着に終わりました。しかし、母馬は繁殖牝馬として重賞winnerを輩出しており、POG期間内に活躍する仔が生まれてくる可能性は十分にあると考えられます。

 

競走馬としての母馬について

母馬モシーンの競走馬としての生涯戦績は18戦8勝。うち4勝はGⅠ、2勝はGⅡと重賞だけで6勝している超一流の競争馬でした。母馬の競争実績を受け継ぐ、プリモシーンを凌ぐ競争能力を持った仔の誕生が期待されるところです。

 

父馬の産駒の傾向

父馬ドゥラメンテは本年競走馬デビューする産駒が初年度産駒となるため、種牡馬としての特徴はまだ明らかになっていません。配合相性も明らかとなっていませんので、母馬モシーンとの配合で生まれたリバースレーがどのような活躍を見せるか、大変興味深いところです。

 

総合評価

本馬リバースレーの2WS indexは36となりました。父馬も母馬も一流であった競走馬同士の配合でどのような産駒が生まれてきているのか、関心は高まるばかりですが、母馬はこれまで自身の競争成績に見合った仔を輩出できていると言えるでしょうか。確かにプリモシーンは重賞戦線で活躍している競走馬と言えますが、プリモシーン以外の仔達のPOG期間内の戦績は決して良いものではありません。輩出される仔達の傾向としては、あまり良いものではないので2WSindexの値が示すように、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net