POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.111 ウィズザベスト

ウィズザベスト プロフィール

ウィズザベスト

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬ウィズザベストは母馬ウィズザフロウが出産した3頭目の仔。上2頭はルーラーシップ産駒です。2年連続ルーラーシップが交配されていますが、出世頭と呼べるほど活躍した競走馬はまだいません。これまでの戦績が良いのは初仔のキタサンバルカン(牡)の方で、現時点までの戦績は2-5-2-5-0。掲示板は外さないものの勝ちきれない競馬が続いています。一方、2番仔のジョインザフロウ(牝)の戦績は0-0-0-0-0-4で電光掲示板に乗ることすらできていません。ジョインザフロウは脚元が弱く、調教が順調には進まなかったことが馬体重の大きさや戦績不良に繋がっているのかもしれません。

 

競走馬としての母馬について

母馬ウィズザフロウの競走馬としてデビューしていません。未デビューの理由は不明ですが、競走戦績から仔達の競走馬としての適性を見出すことはできません。血統背景を見てみるとウィズザフロウの半妹には2012年JRA2歳最優秀牝馬に選出されたローブティサージュがいます。しかし、近親の活躍馬としてはローブティサージュがいる程度で活躍馬が多数いる牝系ではありません。

 

父馬の産駒の傾向

父馬モーリスは2020年に競走馬デビューする産駒が初年度産駒となります。したがって、種牡馬としての産駒の傾向はまだ明らかとなっていません。当然ながら母馬との配合相性も不明です。

 

総合評価

本馬ウィズザベストの2WS indexは54となりました。父馬の産駒傾向は不明、母馬の競走馬としての能力も不明、ドゥラメンテとの配合相性も不明と本馬には不明な要素が多々あり、POG期間内に活躍する要素を見つけ出すのが難しい状況ですので、2WS indexが示す低い値に従って、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net