POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.69 ミヤマザクラ

f:id:Winsormore:20191117195557j:plain

ヤマザクラ

ヤマザクラは母が16歳で出産した8頭目の仔。母にはこれまでキングカメハメハディープインパクトが種付けされた。キングカメハメハ産駒の2頭はそれぞれ未デビューと未勝利であり、母とキングカメハメハの配合相性はあまり良くないようである。一方、ディープインパクト産駒はこれまで5頭が生まれており、2013年産マウントロブソンは2016年フジTV賞スプリングS 【GⅡ】1着、2014年産ポポカテペトルは2017年菊花賞3着とクラシック戦線を賑わせており、ディープインパクトとの配合相性は悪くないようである。

 

母の競走馬としての戦績は、22戦3勝。最高成績は2005年マーメイドS 【GⅢ】3着。競走馬として、一流の成績を残したとは言い難い戦績である。

 

ヤマザクラの2WS indexは1036と非常に高い数値となり、POG期間内2勝以上を上げる可能性は高いと考える。ディープインパクトとの間に生まれた産駒は高い素質を示すが、これまで誕生した産駒は、いずれも牡馬であり、ディープインパクトとの間に生まれた牝馬は、このミヤマザクラが初めてである。牝馬に出たことがどのような結果に結びつくのか、大変興味深い。気になる点としては、ミヤマザクラ自身の誕生日が5月2日とやや遅めの生まれであることである。