POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.114 トゥルーアート

トゥルーアート プロフィール

トゥルーアート

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬トゥルーアートは母馬イグジビットワンが出産した9頭目の仔。母馬にはこれまでKingmambo, Mr. Greeley, Sea The Stars, マクフィ、ゼンノロブロイ、ハーツクライ、オルフェーヴル、ダイワメジャーが交配されてきました。本馬トゥルーアートは母馬2頭目のダイワメジャー産駒です。母馬の仔の中での出世頭はゼンノロブロイ産駒のメートルダールです。メートルダールの主な勝鞍には2017年中日新聞杯(GⅢ)があります。また、気になるのは母馬1頭目のダイワメジャー産駒マスターワークです。マスターワークのPOG期間内の戦績は5戦0勝でした。マスターワークは惜敗続きでPOG期間内には勝ち上がれませんでしたが、7戦目にしてようやく勝ち星を上げることができました。繁殖牝馬としての母馬はオープンクラスの競走馬を輩出することはできそうですが、ダイワメジャーとの配合相性は良さそうではなく、本馬がPOG期間内に活躍するのは難しいかもしれません。

 

競走馬としての母馬について

母馬イグジビットワンの競走馬としての生涯戦績は8戦2勝。主な勝鞍には2006年 伊 パオロメザノッテ賞(GⅢ 芝 2000m)があります。超一流と言える戦績ではありませんが、重賞を勝ち取っており、母馬を凌ぐような大物の誕生が待たれるところです。

 

父馬の産駒の傾向

本馬トゥルーアートの父馬はダイワメジャーです。ダイワメジャー産駒にはマイル前後で活躍する馬が多いようです。POG期間内はマイル戦の数も多く、牝馬ならば桜花賞までにマイル路線で稼げるチャンスは多いと考えられます。また、ダイワメジャー産駒は牡馬よりも牝馬の方が勝率が高いことも判明しており、本馬トゥルーアートはPOG向きの産駒かもしれません。

 

総合評価

本馬トゥルーアートの2WS indexは30でした。本馬トゥルーアートはマイル戦が得意なダイワメジャー産駒で、母馬イグジビットワンは生涯戦歴こそ少ないものの重賞winnerであり、父馬の影響を受けても、母馬の影響を受けても活躍が期待できる競走馬であると考えられます。しかし、全姉マスターワークのPOG期間内の戦績は芳しいものではありませんでした。配合相性が良くない可能性が高いので、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

現在、2WS indexの精度の検証を行う経過を有料にて公開しています。御興味のある方は、下記『note』というサイトでご覧下さい。

note.com

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net