POGドラフト対策 ブログ 2019 - 2020

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.87 クレイス

f:id:Winsormore:20191216072017j:plain

クレイス

クレイスは母馬クリアンサスが9歳の時に出産した3頭目の仔。クリアンサスにはこれまでダイワメジャー、ディープインパクトが種付けされた。しかしながら、いずれの仔達もPOG期間内には勝利を上げられておらず、母母フラワーパークを彷彿させる活躍を見せる産駒の登場が待たれるところである。

 

母馬クリアンサスの競走馬としての生涯戦績は17戦3勝。主な勝鞍には2011年マーガレットS【OP】があり、自身は主に1200~1400mのレースに出走していた。

 

クレイスの2WS indexは588と高い値にはならなかった。やはり上2頭がPOG期間内に1勝も上げられていないため、母の繁殖牝馬としての能力や産駒の成長度合い、そもそもの産駒の競争能力自体に懸念が残る。母馬クリアンサスもクラシックディスタンスではない距離を主戦場としていたこともあり、本馬がPOG期間内にクラシックを意識できる距離で2勝以上を上げる可能性は低いと考える。

 


一口馬主 人気ブログランキングに参加しています!

 

2WS index 一覧表 ディープインパクト産駒 牡馬編 

2WS index 一覧表 Non ディープインパクト産駒 牡馬編 

2WS index 一覧表 牝馬編 

pog-draft-list-2020-2021.hateblo.jp

 #クレイス