POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ パーソナルダイアリー ~

血統レベルは高い。配合相性は??

パーソナルダイアリー

パーソナルダイアリー

パーソナルダイアリー

競走馬としてのパーソナルダイアリー

繫殖牝馬パーソナルダイアリーは米国産で、父馬City Zip(1998 - 2017)、母馬Latest Scoop、母父Tiznowの配合で生まれたサラブレッドです。生涯戦績は26戦3勝。主な勝ち鞍は2014年 デルマーオークス 【GⅠ】です。

 

繁殖牝馬パーソナルダイアリーの血統背景

繫殖牝馬パーソナルダイアリーの父馬City Zipは米国産のサラブレッドで、生涯戦績は23戦9勝。主な勝ち鞍には2000年米ホープフルステークス 【GⅠ】があります。種牡馬としてはパーソナルダイアリーの他に、2014年 米BCターフ牝馬 【GⅠ】勝ち馬のDayatthespa、2016年 BCフィリー&メアスプリント 【GⅠ】勝ち馬のファイネストシティ、2017年 米ファストレイデイステークス 【GⅠ】勝ち馬のジペッサ等がいます。なお、City Zipの半弟には2004年 米BCクラシック 【GⅠ】勝ち馬のGhostzapperがいます。

 

一方、繫殖牝馬パーソナルダイアリーの母馬Latest Scoopは米国産で、生涯戦績は10戦1勝。競走馬としては活躍できませんでした。繁殖牝馬としては、パーソナルダイアリーを輩出しましたが、パーソナルダイアリー以外には目立った活躍をした馬は見当たりません。血統背景を見てみると、パーソナルダイアリーの3代母にBanker’s Ladyの名前があります。Banker’s Ladyの生涯戦績は10戦8勝。1988年 レイディーズH 【GⅠ】をはじめ、GⅠを計3勝している名牝です。この名牝の能力が隔世遺伝でパーソナルダイアリーにも伝えられたのでしょう。

 

パーソナルダイアリー産駒のPOG期間内戦績及び傾向

パーソナルダイアリー産駒一覧

パーソナルダイアリー産駒一覧

パーソナルダイアリー産駒の特徴及び傾向を把握すべく、既にPOG期間を終了している2番仔パーソナルハイまでを対象に考察を進めていきます。考察対象が2頭と少ないので、断定的に述べられることは少ないので、その点はご了承下さい。パーソナルダイアリー産駒の出世頭は2022年 フローラステークス 【GⅡ】で2着に入線したパーソナルハイになります。

 

産駒のデビュー時期について

パーソナルダイアリー産駒2頭のデビューは共に2歳の内にデビューしています。考察対象外としましたが、3番仔インダイアリーは2歳の内にはデビューできませんでした。デビューが遅れている原因は不明ですが、2番仔のパーソナルハイを含め、3番仔インダイアリー及び4番仔は生まれが5月と遅いので、成長も遅れ、デビューも遅くなっているのかもしれません。パーソナルダイアリー産駒をドラフト候補として検討するならば、デビュー時期の見込みについても注意を払う必要があります。

 

産駒のデビュー時の馬体重について

初仔インワンシティングのデビュー戦時の馬体重は452kg、2番仔パーソナルハイのデビュー戦時の馬体重が466kgでした。ともに馬体重が小さすぎるということはありませんので、450kg程度の馬格が見込まれるようであれば、ドラフト候補とするのは問題ないでしょう。

 

産駒の性差による戦績の差について

考察対象のパーソナルダイアリー産駒2頭の内訳は、牝馬と牡馬が1頭ずつです。出世頭が牝馬のパーソナルハイですので、現在までのところ、パーソナルダイアリー産駒は牝馬の方が良績を期待できるのかもしれません。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

考察対象のパーソナルダイアリー産駒2頭は、ともにディープインパクト産駒ですので、父系の違いによる戦績差、つまり配合相性は不明です。

 

繁殖牝馬 パーソナルダイアリー レーダーチャート

パーソナルダイアリーRC

パーソナルダイアリーRC

繁殖牝馬パーソナルダイアリーまとめ

  • 牡馬よりは牝馬の方が良績を期待できるのかもしれません。
  • ディープインパクト以外の種牡馬との配合相性が明らかになるのが待ち望まれます。
  • ディープインパクトを配しても、重賞ウイナーが出ていない点が気になります。

 

当ブログを応援していただける方は、

YouTubeチャンネル登録をお願いします!

↓アイコンをクリック or タップ

youtu.be

POG指名馬を現地で応援しましょう!!

交通の手配はコチラ!!

血統についてもっと知りたい方はコチラ