POGドラフト対策 ブログ 2019 - 2020

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.102 レイパパレ 

f:id:Winsormore:20200112161841j:plain

レイパパレ

レイパパレは母馬シェルズレイが14歳の時に出産した8頭目の仔。母馬にはこれまでディープインパクト、ダイワメジャー、ヴィクトワールピサ、キンシャサノキセキが種付けされてきた。母馬のディープインパクト産駒としては5頭目。ディープインパクトとは配合相性は悪くはないと思うが、活躍したのはシェルズレイ1頭であり、ニックスと呼べるほどの相性の良さではない。

 

母馬シェルズレイの競走馬としての生涯戦績は21戦3勝。生涯戦績では3勝しかできていないが、POG期間内で見てみると、2006年チューリップ賞 【GⅢ】 2着、2006年桜花賞 【GⅠ】 5着の実績があり、産駒にも早期から活躍する素養はあると考えられる。

 

レイパパレの2WS indexは815と比較的高い数値となった。2WS index的にはドラフト中位での指名で良いレベルの値である。母馬とディープインパクトとの配合により生まれた上4頭の中で、POG期間内に2勝以上を上げたシェルズレイのデビュー時の馬体重は500kgを超えていたことから、レイパパレのデビュー時の体重もある程度あった方が良いであろう。逆に馬体重が430kg未満であるならば、POG期間内に2勝以上を上げる活躍は難しいのかもしれない。

 

2WS index 一覧表 2019-20 ディープインパクト産駒 牡馬編

2WS index 一覧表 2019-20 Non ディープインパクト産駒 牡馬編

2WS index 一覧表 2019-20 牝馬編

pog-draft-list-2020-2021.hateblo.jp

 #レイパパレ