POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ ブルーダイアモンド ~

血統は良質も、産駒は成長遅い??

ブルーダイアモンド

競走馬としてのブルーダイアモンド

繫殖牝馬ブルーダイアモンドは父馬ディープインパクト、母馬グレースアドマイヤ、母父トニービンの配合で生まれたサラブレッドです。生涯戦績は6戦0勝。超良血と期待されていましたが、競走馬としては全く実績を残せませんでした。

 

繁殖牝馬ブルーダイアモンドの血統背景

繫殖牝馬ブルーダイアモンドの父馬ディープインパクトは、サンデーサイレンス系種牡馬で、国内リーディングサイアーランキングに長年トップに君臨している名種牡馬です。ディープインパクト産駒は2歳の早い時期から活躍する早熟性と1600 ~ 2400mでの距離適性を持ち、産駒は高い競走能力も備えていることから、クラシック戦線で活躍する競走馬を何頭も輩出しています。

 

一方、母馬グレースアドマイヤは生涯戦績15戦5勝。重賞勝ちはありませんが、1998年府中牝馬ステークス2着入線の実績があります。繁殖牝馬としては2007年皐月賞馬のヴィクトリー、2004年阪神大賞典 【GⅡ】をはじめ、古馬重賞戦線で活躍したリンカーン、2004年フローラステークス 【GⅡ】2着のグローリアスデイズを輩出しています。血統を遡ってみると、グレースアドマイヤの母馬バレークイーンは1996年日本ダービー馬のフサイチコンコルド、2009年皐月賞馬アンライバルド、2001年京成杯 【GⅢ】勝ち馬のボーンキングを輩出している超優秀な繁殖牝馬です。また、グレースアドマイヤの3代母のSun Princessは、1983年英セントレジャー 【GⅠ】を含むGⅠを3勝している名牝です。グレースアドマイヤは非常に血統レベルの高い繁殖牝馬と言えるでしょう。

 

ブルーダイアモンド産駒のPOG期間内戦績及び傾向

ブルーダイアモンド産駒一覧

ブルーダイアモンド産駒一覧

ブルーダイアモンド産駒の特徴及び傾向を把握すべく、既にPOG期間を終了している4番仔ソクラテスまでを対象に考察を進めていきます。ブルーダイアモンド産駒の出世頭は2021年アメリカジョッキーC 【GⅡ】勝ち馬のアリストテレスです。

 

産駒のデビュー時期について

考察対象のブルーダイアモンド産駒4頭は全て2歳の内にデビューできているのですが、考察対象外とした5番仔クレオメデスが2歳の内のデビューを果たせませんでした。ブルーダイアモンド産駒は4番仔まではデビューが遅くなるということがありませんでしたが、4月生まれの産駒ばかりですので、今後は注意が必要かもしれません。

 

産駒の競走馬デビュー時の馬体重について

考察対象のブルーダイアモンド産駒4頭の内、最軽量でデビューしたのは初仔のインディゴブルーです。デビュー戦時の馬体重は408kgでした。一方、最重量でデビューしたのは4番仔ソクラテスです。デビュー戦時の馬体重は498kgでした。出世頭のアリストテレスのデビュー戦時の馬体重が466kgでしたので、460~470kg程度の馬格が見込まれるようであれば、合格点と言えるのではないでしょうか。

 

産駒の性差による戦績の差について

考察対象のブルーダイアモンド産駒4頭の内訳は、牡馬2頭、牝馬2頭です。出世頭のアリストテレスが牡馬ですし、POG期間内の戦績を見ても、牝馬は1勝もできていませんので、ブルーダイアモンド産駒をPOGで指名するならば、牡馬の方が良いでしょう。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

出世頭のアリストテレスがエピファネイア産駒ですので、ブルーダイアモンドとエピファネイアは配合相性は良いのでしょう。そういう視点で見れば、21年産のエピファネイア産駒コンフェルマが楽しみな存在として注目されますが、アリストテレスが重賞を制したのは古馬になってから。POG期間内の6戦の内、2着は4回と勝ちきれない戦績を重ねていました。ブルーダイアモンド産駒はデビュー時期は遅くはないのですが、もしかすると、成長スピードは遅いのかもしれません。

 

繫殖牝馬ブルーダイアモンド レーダーチャート

ブルーダイアモンドRC

ブルーダイアモンドRC

繁殖牝馬ブルーダイアモンドまとめ

  • 母系は活躍馬の多い超一流の牝系。
  • 産駒は牡馬の方が良績を期待できそう。
  • 実は成長スピードが遅い血統なのかもいれません。

 

当ブログを応援していただける方は、

YouTubeチャンネル登録をお願いします!

↓アイコンをクリック or タップ

youtu.be

POG指名馬を現地で応援しましょう!!

交通の手配はコチラ!!

血統についてもっと知りたい方はコチラ