POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繁殖牝馬研究 ~ レネットグルーヴ ~

大物輩出の鍵は、牝馬産駒?種牡馬レベル?

レネットグルーヴ

レネットグルーヴ

レネットグルーヴ

競走馬としてのレネットグルーヴ

繫殖牝馬レネットグルーヴは父馬キングカメハメハ、母馬イントゥザグルーヴ、母父サンデーサイレンスの配合で生まれたサラブレッドです。重賞レースには出走実績は無く、競走馬として特筆すべき結果は残せていません。

 

繁殖牝馬レネットグルーヴの血統背景

レネットグルーヴの父馬キングカメハメハは、2004年NHKマイルC 【GⅠ】、2004年日本ダービー 【GⅠ】の変則G1 2冠をはじめとして8戦7勝の生涯戦績の競走馬でした。マイルから2400mまで幅広い距離適性を発揮しました。種牡馬としては、これまで数々の重賞winnerを輩出してきました。サンデーサイレンス系牝馬との配合で大きな成功を収めているだけでなく、母系によって多彩な適性を示す産駒が登場しています。代表的な産駒としては、ロードカナロア、アパパネ、ラブリーデイ、ドゥラメンテ、レイデオロがいます。牡馬でも牝馬でも大物を輩出した実績がありますが、牡馬と牝馬では牡馬の産駒が良績を残す傾向にあります。

 

一方、レネットグルーヴの母馬イントゥザグルーヴは大種牡馬サンデーサイレンスとGⅠを2勝し、女傑と謳われた名牝エアグルーヴの配合によって生まれました。しかし、血統面から来る期待値と実績には大きな乖離があり、イントゥザグルーヴの生涯戦績は14戦4勝。重賞出走は1回(18頭中17着)のみで、特別な戦績は残せませんでした。繫殖牝馬としては、4頭の仔を残しましたが、競走馬として大きな実績を残せた産駒はなく、繫殖牝馬としても活躍はできませんでした。

 

レネットグルーヴ産駒のPOG期間内戦績及び傾向

レネットグルーヴ産駒一覧

レネットグルーヴ産駒一覧

レネットグルーヴ産駒の特徴及び傾向を把握すべく、既にPOG期間を終了している3頭を対象に考察を進めていきます。ちなみにレネットグルーヴの出世頭は2022年朝日セントライト記念【GⅡ】で3着に入線した3番仔ローシャムパークです。

 

産駒のデビュー時期について

考察対象のレネットグルーヴ産駒3頭は全て2歳で競走馬デビューしています。しかし、今回考察対象外とした4番仔のサトノクラウン産駒(馬名未登録)は2歳の内にはデビューできませんでした。レネットグルーヴ産駒は総じてデビューは遅くならないものの、順調にデビューできない仔も出てきているので、デビューに影響を及ぼす情報の収集は欠かせません。

 

産駒の競走馬デビュー時の馬体重について

考察対象のレネットグルーヴ産駒3頭の内、最軽量でデビューしたのは初仔のスピッツエンバーグで、デビュー戦時の馬体重は458kgでした。一方、最重量でデビューしたのは3番仔ローシャムパークで、デビュー戦時の馬体重は486kgでした。レネットグルーヴ産駒は今までのところ馬格の小さな産駒は出てきていませんが、出世頭のローシャムパーク程度の馬格が見込めるようであれば、POGドラフト候補としては及第点と言えるのではないでしょうか。

 

産駒の性差による戦績の差について

考察対象のレネットグルーヴ産駒3頭は全て牡馬ですので、レネットグルーヴ産駒の性差が及ぼす戦績への影響についてはわかりません。しかし、3頭の牡馬産駒からは大物が出てきていませんので、大物産駒が出てくるのは牝馬産駒からなのかもしれません。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

考察対象のレネットグルーヴ産駒3頭の父馬は、ハービンジャー(2頭)とモーリス(1頭)です。出世頭のローシャムパークがハービンジャー産駒ですので母馬とハービンジャーの配合相性は悪くはないのでしょう。しかし、大物輩出という視点から見ると、上記2頭の種牡馬よりもサイアーランキング上位の種牡馬との産駒を見てみたいとところです。

 

繫殖牝馬レネットグルーヴ レーダーチャート

レネットグルーヴRC

レネットグルーヴRC

繁殖牝馬レネットグルーヴまとめ

  • 活躍馬が何頭も出ているエアグルーヴ系の繁殖牝馬ですが、自身はまだ大きな実績は残せていません。
  • 馬体重430kg程度以下の小さな産駒が出てくる可能性は低いのかもしれません。
  • 大物輩出の鍵は牝馬産駒もしくはリーディング上位の種牡馬との配合なのかもしれません。

 

2WS POGドラフトリストの発売日は毎年4月1日!

winsormore.stores.jp

www.e-printservice.net