POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繁殖牝馬研究 ~ コナブリュワーズ ~

課題は2勝目か?

コナブリュワーズ

コナブリュワーズ

コナブリュワーズ

競走馬としてのコナブリュワーズ

繁殖牝馬コナブリュワーズは2010年、ノーザンファームの生産馬で、生涯戦績は18戦4勝。4勝していますが、重賞レースにも出走経験していますが、目立った戦績は残せませんでした。

 

繁殖牝馬コナブリュワーズの血統背景

コナブリュワーズの父馬キングカメハメハの競走馬としての戦績は、2004年NHKマイルC、2004年ダービーの変則G1 2冠をはじめとして8戦7勝。マイルから2400mまで幅広い距離適性を発揮しました。父はミスタープロスペクター系~キングマンボ系の流れを汲み、牝系は名牝ミエスクへと繋がっています。一方、母父はノーザンダンサー ⇒ トライマイベストの流れを汲むラストタイクーンで欧州血統を引き継いでいます。種牡馬としては、サンデーサイレンス系牝馬との配合で大成功を収めているだけでなく、母系によって多彩な適性を示す産駒が登場しています。代表的な産駒としては、ロードカナロア、アパパネ、ラブリーデイ、ドゥラメンテ、レイデオロがいます。産駒は2歳戦から活躍することができるのでPOG向きの種牡馬の一頭と言えます。

 

一方、母馬アンブロワーズは生涯戦績24戦4勝。2004年 函館2歳ステークス 【GⅢ】の勝ち馬です。アンブロワーズの血統を遡ってみると2代母にバレークイーンの名前があります。バレークイーンは1996年 日本ダービー馬 フサイチコンコルドの母馬として知られており、バレークイーンを祖とする牝系からは、フサイチコンコルドの他にも数多くの重賞ウイナーが輩出されています。

 

コナブリュワーズ産駒のPOG期間内戦績及び傾向

コナブリュワーズ産駒一覧

コナブリュワーズ産駒一覧

コナブリュワーズ産駒の傾向及び特徴を把握すべく、既にPOG期間を終了している4番仔コナコーストまでを対象として考察を進めていきます。コナブリュワーズ産駒の出世頭はキタサンブラック産駒のコナコーストです。

 

コナブリュワーズ産駒のデビュー時期について

考察対象のコナブリュワーズ産駒4頭は全て2歳の8月までにデビューを果たしています。母馬コナブリュワーズが函館2歳ステークス 【GⅢ】の勝ち馬であることから、早い時期から競走馬デビューできるほどの成長スピードが産駒にも伝わっているのでしょう。POG的にはプラスの要素です。ちなみに考察対象のコナブリュワーズ産駒4頭の内、デビュー勝ちしているのはカイルアコナとコナコーストの2頭。3番仔のコナブラックもデビュー勝ちこそ逃しているものの、2戦目でキッチリ勝ち上がっており、コナブリュワーズ産駒は早い時期にデビューでき、早い時期に勝ち上がる傾向にあると言って良いでしょう。ただし、2勝目となると、どの仔も苦戦しています。

 

コナブリュワーズ産駒の競走馬デビュー時の馬体重について

考察対象のコナブリュワーズ産駒4頭の内、最軽量でデビューしたのは初仔のカイルアコナで、デビュー戦時の馬体重は430kgでした。一方、最重量でデビューしたのはオルフェーヴル産駒で2番仔のサドルロード。デビュー戦時の馬体重は514kgでした。出世頭コナコーストのデビュー戦時の馬体重が472kgでしたので、470kg程度を基準として、大きすぎる産駒も、小さすぎる産駒もドラフト指名は避けた方が良いのかもしれません。ちなみに、母馬コナブリュワーズのデビュー戦時の馬体重は458kgで、大き過ぎず、小さ過ぎずのサイズ感の競走馬でした。

 

コナブリュワーズ産駒の性差による戦績の差について

出世頭のコナコーストが牝馬ですので、コナブリュワーズ産駒は牝馬の方が良績を期待できるのかもしれません。もう1頭の牝馬産駒カイルアコナも2勝を上げています。一方の牡馬産駒の戦績はと言えば、サドルロードが0勝のまま登録抹消、コナブラックが現時点で1勝しかできておらず、牝馬産駒の方が実績は上です。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

出世頭のコナコーストがキタサンブラック産駒ですので、コナブリュワーズとキタサンブラックの配合相性は悪くはないのでしょう。ただし、全兄のコナブラックは2勝目を上げるのに苦労しています。この点は牝馬産駒が良績にあることと関係しているのかもしれません。

 

繁殖牝馬 コナブリュワーズ レーダーチャート

コナブリュワーズRC

コナブリュワーズRC

POGでコナブリュワーズ産駒を選ぶ時のポイント

  • 早い時期にデビューし、早い時期に勝ち上がるものの、2勝目は遠い傾向。
  • 牡馬産駒よりは牝馬産駒の方が良績を期待できそう。
  • 現時点では、キタサンブラックとの配合相性が良いと考えられる。

 

2WS POGドラフトリストの発売は毎年4月1日!

winsormore.stores.jp

 

時期によって締め切っている場合がございます。