POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.200 ジャンドゥーヤ

ジャンドゥーヤ プロフィール

ジャンドゥーヤ

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬ジャンドゥーヤは母馬ツルマルオトメが出産した7頭目の仔。母馬ツルマルオトメにはこれまでダイワメジャー、エンパイアメーカー、キンシャサノキセキ、ディープブリランテ、ヴィクトワールピサが交配されてきました。母馬の仔の中での出世頭は4勝を上げているダイワメジャー産駒のシンジュボシ、ヴィクトワールピサ産駒のサムシングジャスト(現役)です。両馬ともに重賞勝ちはありませんが、サムシングジャストは2020年アイルランド府中牝馬(GⅡ)で3着に入っています。

 

競走馬としての母馬について

母馬ツルマルオトメの競走馬としての生涯戦績は25戦4勝(勝率16.0%)。主な勝鞍は2007年桶狭間特別(1000万下)です。重賞での目立った戦績はありませんでした。ツルマルオトメの血統背景を見てみても、特筆すべき活躍を見せた競走馬はいませんでした。

 

父馬の産駒の傾向

父馬リオンディーズは2020年デビューの2歳馬が初年度産駒となりますので、産駒の傾向は現時点では不明です。リオンディーズ自身は2015年デビュー2戦目で朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)を制し、その年の最優秀2歳牡馬にも選出され、POG期間内に大活躍した競走馬でした。早期から活躍できる体質の強さが伝われば、産駒のPOG期間内での活躍も何ら不思議ではありません。リオンディーズの母馬シーザリオも競走馬としては2005年オークス(GⅠ)、同年アメリカンオークス(GⅠ)を制し、繁殖牝馬としてはエピファネイアやサートゥルナーリアを輩出するなど、競走馬としても繁殖牝馬としても一流の実績を残しています。その優秀な血を引き継いでいる種牡馬ですので、リオンディーズには種牡馬としても大きな活躍が期待されるところです。

 

総合評価

本馬ジャンドゥーヤの2WS indexは11となりました。父馬リオンディーズは産駒の傾向がまだ不明ですので、ジャンドゥーヤにどのような活躍の可能性があるのかを見立てるのは困難です。一方、母馬ツルマルオトメは競走馬としても、繁殖牝馬としても大きな実績は残せていません。これといった強調材料もありませんし、2WS indexの示す値も低いので、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

現在、2WS indexの精度の検証経過を有料(¥110税込)にて公開しています。御興味のある方は、下記 『 note 』 というサイトでご覧下さい。表紙を見るだけなら無料です。下記リンクは表紙へのリンクです。

note.com

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net