POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.211 オハギ

オハギ プロフィール

オハギ

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬オハギは母馬メジロツボネが出産した4頭目の仔。母馬メジロツボネには、これまでディープインパクトとロードカナロアが交配されています。母馬メジロツボネの仔の中での出世頭は、ディープインパクト産駒のグローリーヴェイズです。グローリーヴェイズの現時点での戦績は12戦5勝。主な勝鞍には2019年香港ヴァーズ(GⅠ)、同年日経新春杯(GⅡ)、2020年京都大賞典(GⅡ)があります。グローリーヴェイズは重賞3勝していますが、他の2頭はまだ目立った戦績を残せておらず、母馬メジロツボネの繁殖牝馬としての実力や父馬モーリスとの配合相性など、気になる点がいくつかあります。

 

競走馬としての母馬について

母馬メジロツボネの競走馬としての生涯戦績は26戦4勝(勝率15.4%)。4勝しかしていませんので、条件クラスを卒業できておらず、重賞には出走経験すらありません。競走馬としては活躍できませんでした。血統背景を見てみると、メジロツボネの祖母には1986年桜花賞、優駿牝馬、エリザベス女王杯とGⅠを3勝したメジロラモーヌがいますが、近年、この牝系から輩出された活躍馬にはグローリーヴェイズがいる程度です。

 

父馬の産駒の傾向

本馬オハギの父馬モーリスの競走馬としての戦績は、2015年安田記念・マイルチャンピオンシップ・香港マイル、2016年チャンピオンズマイル・天皇賞秋・香港カップのG1 6勝をはじめ、18戦11勝。短距離から中距離でタイトルを獲得しました。モーリスの父スクリーンヒーローはグラスワンダー産駒。母メジロフランシスはカーネギー産駒ですが、メジロフランシスの母系はモガミの血脈を残すメジロの血統。スクリーンヒーローにもメジロフランシスにも日本独自の血脈が流れており、日本の馬場に適した産駒の登場が期待されています。今年デビューする産駒が初年度産駒ですので、産駒の傾向はまだ明らかとなっていません。

 

総合評価

本馬オハギの2WS indexは64となりました。父馬モーリスはその産駒の傾向はまだ明確になっていません。また、母馬メジロツボネとの配合相性も不明です。一方、母馬メジロツボネは初仔からグローリーヴェイズを輩出し、繁殖牝馬としてのますますの活躍が期待されるところですが、グローリーヴェイズに続く仔はまだ誕生していません。遅生まれであることや母馬初の牝馬であること等、不安要素が残っており、不安要素をカバーするほどの好材料は見当たりませんので、2WS indexの値も低く出ていることから、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

現在、2WS indexの精度の検証経過を有料(¥110税込)にて公開しています。御興味のある方は、下記 『 note 』 というサイトでご覧下さい。表紙を見るだけなら無料です。下記リンクは表紙へのリンクです。

note.com

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net