POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繁殖牝馬研究 ~ キューティゴールド ~

サンデーサイレンス系以外との配合が!

キューティゴールド

キューティゴールド

キューティゴールド

競走馬としてのキューティゴールド

繁殖牝馬キューティゴールドは北海道、社台コーポレーション白老ファーム産で、父馬フレンチデピュティ、母馬ゴールデンサッシュの配合で生まれたサラブレッドです。生涯戦績は5戦0勝。競走馬としては1勝もすることができませんでした。

 

繁殖牝馬キューティゴールドの血統背景

繁殖牝馬キューティゴールドの父馬フレンチデピュティは米国産のサラブレッドで、ノーザンダンサー系種牡馬。競走馬としては、生涯戦績6戦4勝。主な勝ち鞍は1995年 ジェロームH 【GⅡ】になります。高い勝率を残していますが、GⅡ勝ちが1つだけと、他の種牡馬と比べて、競走実績という面ではやや劣る印象です。種牡馬としては、特に日本において、2001年 NHKマイルカップ 【GⅠ】、同年 ジャパンカップダート 【GⅠ】勝ち馬クロフネの父馬としてその名が広く知れ渡りました。種牡馬としては、日・米・亜で、12頭のGⅠウイナーを輩出しています。

 

一方、キューティゴールドの母馬ゴールデンサッシュは社台ファームの生産馬で、生涯戦績は5戦0勝。競走馬としては全く活躍できませんでした。しかし、繁殖牝馬としては、国内外の重賞戦線で大活躍したステイゴールド、重賞2勝のレクレドールを輩出しています。また、ゴールデンサッシュが輩出した牝馬産駒からも、重賞ウイナー、重賞入着馬が複数輩出されており、ゴールデンサッシュは仔出しの優秀な血統背景を持っていると言って良いでしょう。

 

キューティゴールド産駒のPOG期間内戦績及び傾向

キューティゴールド産駒一覧

キューティゴールド産駒一覧

キューティゴールド産駒の傾向及び特徴を把握すべく、既にPOG期間を終了している10番仔アイリーンまでを対象として考察を進めていきます。ちなみに、キューティゴールド産駒の出世頭は、2014年 秋華賞 【GⅠ】、2015年 ジャパンカップ【GⅠ】勝ち馬のショウナンパンドラです。

 

キューティゴールド産駒のデビュー時期について

考察対象のキューティゴールド産駒10頭の内、2歳時にデビューできなかったのは、初仔ショウナンバッカス、7番仔ポニーゴールド、10番仔アイリーンの3頭です。10頭中7頭が2歳時にデビューしていますので、キューティゴールド産駒は2歳時にデビューできる傾向にあり、大幅にデビューが遅れるリスクは低いと考えて良いでしょう。ちなみに考察対象のキューティゴールド産駒10頭の内、デビュー戦を勝利で飾った産駒はいません。

 

キューティゴールド産駒の競走馬デビュー時の馬体重について

考察対象のキューティゴールド産駒10頭の内、最軽量でデビューしたのは、出世頭のショウナンパンドラと7番仔ポニーゴールドで、デビュー戦時の馬体重は440kgでした。2頭ともディープインパクトとの配合で生まれた産駒です。一方、最重量でデビューしたのは、マンハッタンカフェ産駒の3番仔イルミリオーネで、デビュー戦時の馬体重は538kgでした。出世頭のショウナンパンドラが小柄な馬格で活躍しましたので、キューティゴールド産駒は馬格に関係なく活躍が期待できる・・・と言いたいところですが、ショウナンパンドラはディープインパクト産駒でしたので、ディープインパクトの競走能力が実績を後押ししたと考えると、馬格が小さいことが不利に働く可能性も否定できません。ドラフト指名にあたっては、馬格の大きさにも注意を払う方が良いでしょう。ちなみにキューティゴールド自身のデビュー戦時の馬体重は464kgで、中サイズの馬格でした。

 

キューティゴールド産駒の性差による戦績の差について

考察対象のキューティゴールド産駒10頭の内訳を見てみると、牡馬が6頭(セン馬1頭)、牝馬4頭です。出世頭のショウナンパンドラが牝馬ですので、牝馬の方が良績を期待できると思われるかもしれませんが、POG期間内の戦績に絞って見てみると、2勝を上げているのは牡馬が2頭(ブルヴェルソン、セントオブゴールド)、牝馬が1頭(ショウナンパンドラ)ですので、牡馬もまるきりダメということではありません。キューティゴールド産駒の性差による戦績差は無いと考えて良いのではないでしょうか。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

出世頭のショウナンパンドラがディープインパクト産駒ですので、キューティゴールドとディープインパクトの配合相性は悪くは無いのでしょう。ただし、ショウナンパンドラと同配合のボニーゴールド、ローマンネイチャーは、1勝もできていませんので、配合相性が良い!・・・とまでは言い切れません。一方、ディープインパクト以外の種牡馬との配合相性を見てみると、ネオユニヴァース産駒のスピアザゴールドが通算2勝、ダイワメジャー産駒のブルヴェルソンが通算2勝を上げています。ディープインパクト、ネオユニヴァース、ダイワメジャーとサンデーサイレンス系種牡馬との配合で実績を残していますが、ディープインパクト以上の配合実績を残した種牡馬は、まだいませんので、キューティゴールドの新たな一面を切り開く意味でも、サンデーサイレンス系種牡馬以外との配合を見てみたいところです。

 

繁殖牝馬 キューティゴールド レーダーチャート

キューティゴールドR

キューティゴールドRC

POGでキューティゴールド産駒を選ぶ時のポイント

  • 産駒は2歳時にデビューする傾向にあるものの、デビュー勝ちは期待できない。
  • 出世頭のショウナンパンドラの活躍は種牡馬ディープインパクトの影響によるものが大きいと考えられる。
  • サンデーサイレンス系種牡馬以外の種牡馬との配合に注目。

 

2WS POGドラフトリストの発売は毎年4月1日!

winsormore.stores.jp