POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.243 タイガーオーキッド

タイガーオーキッド プロフィール

タイガーオーキッド

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬タイガーオーキッドは母馬シーズアタイガーが出産した3頭目の仔。上2頭はディープインパクト産駒とダイワメジャー産駒です。ダイワメジャー産駒のシーズアメジャーは、未デビューのまま登録抹消となっています。ディープインパクト産駒のティグラーシャの現時点での戦績は11戦3勝です。まだ、競走馬としてデビューした仔が1頭しかいませんので、母馬の産駒の傾向は明確ではありませんが、ティグラーシャの戦績を見る限り、母馬シーズアタイガーの繁殖牝馬の質としては悪くはなさそうです。

 

競走馬としての母馬について

母馬シーズアタイガーの競走馬としての生涯戦績は7戦3勝(勝率42.9%)。主な勝鞍には2013年デルマーデビュタントステークス(GⅠ)があり、その他にも重賞での連対、3着以内実績があります。戦績数こそ少ないものの、勝率、連対率は高く、シーズアタイガーは競走馬としての素質の高い競走馬と言えるでしょう。

 

父馬の産駒の傾向

本馬タイガーオーキッドの父馬ディープインパクトはクラシックに何頭ものクラシック候補馬を輩出し、何頭ものクラシックwinner、GⅠ winnerを輩出している種牡馬です。新馬戦での勝率も高く、ディープインパクト産駒の活躍馬を指名することがPOGで勝利することに繋がります。現在のPOGでディープインパクト産駒無しに勝つのは至難の業と思えるほど、POG的には大きな存在の種牡馬です。

 

総合評価

本馬タイガーオーキッドの2WS indexは59となりました。父馬ディープインパクトはPOGでは欠かせないほど、存在感の大きな種牡馬ですが、その父馬を配してもなお、全姉のティグラーシャはPOG期間内には1勝しかできておりません。ティグラーシャはやや小柄な馬体でしたので、本馬タイガーオーキッドが恵まれた体格に生まれてくれば、姉以上の活躍を期待できるかもしれません。しかし、母馬シーズアタイガーの産む仔はデビューが遅かったり、体質が弱かったりするので、本馬タイガーオーキッドも体質の弱さが受け継がれている可能性が高いと考えます。2WS indexの値も低く出ているので、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

お知らせ

現在、2WS indexの精度の検証経過を有料(¥110税込)にて公開しています。御興味のある方は、下記 『 note 』 というサイトでご覧下さい。表紙を見るだけなら無料です。下記リンクは表紙へのリンクです。

note.com

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net