POGドラフト対策 ブログ 2021-2022

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POGドラフトで人気しそうな危険馬特集 No.1 アルファヒディ(ドバイマジェスティ2019)

POGドラフトでの指名候補馬という視点で、アルファヒディを危険な人気馬とする理由は、主に以下の3つです。

  1. 母馬ドバイマジェスティはディープインパクトとニックス。

  2. 母馬ドバイマジェスティは繫殖牝馬としての充実期を過ぎつつある

  3. 活躍したディープインパクト産駒の母馬の仔で、ディープインパクトからハーツクライに変わるパターンでの活躍馬輩出の可能性が低い

 

1. 母馬ドバイマジェスティはディープインパクトとニックス

母馬の出産した仔の中で重賞勝ちしているのは、アルアイン(牡)とシャフリヤール(牡)のディープインパクト産駒の2頭です。同じく2015年産ディープインパクト産駒のダノンマジェスティは、重賞勝ちはまだ成し得ていませんが、POG期間内には2勝していますし、現時点で4勝を上げています。ただし、母馬の産んだディープインパクト牝馬は牡馬ほどの良績は上げられていませんので、ディープインパクトとのニックスも牡馬に出た場合には限りと言えるでしょう。

 

2. 母馬ドバイマジェスティは、年齢的に繫殖牝馬としての充実期を過ぎつつある?

母馬ドバイマジェスティが2021年毎日杯(GⅢ)勝ち馬シャフリヤールを出産したのは13歳の時。繁殖牝馬が活躍馬を輩出する年齢としては微妙な時期だと思われますが、この年齢でシャフリヤールを輩出できたことから、ドバイマジェスティの仔出しの能力の高さが改めて窺えます。勿論、もっと年齢を重ねてから活躍馬を輩出している繁殖牝馬もいますので、危険馬として指名するに値しない理由かもしれませんが、この年齢以上での出産で活躍馬を輩出している牝馬の数を考えれば、父馬が異なる上に、繫殖牝馬としての充実期を過ぎつつある時期で出産した本馬の活躍は、いかに名繁殖牝馬のドバイマジェスティといえども厳しいのではないかと考える次第です。ドバイマジェスティの仔を指名し続けてきた方も、今年を境にドラフト指名に区切りをつけた方が良いと考えます。

 

3. 活躍したディープインパクト産駒の母馬の仔で、ディープインパクトからハーツクライに変わるパターンでの活躍馬輩出の可能性が低い

下記表は重賞勝ちをしたディープインパクト産駒を輩出した繁殖牝馬から生まれたハーツクライ産駒の弟妹の事例です。

ディープインパクト~ハーツクライ

ディープインパクト~ハーツクライ

上記2兄弟以外に該当事例があるかもしれませんが、パッと思いつく限り、この2兄弟ぐらいしか思い浮かびません。確率としては、それくらい低い確率でしか出現していないということで、ドラフト指名は見送る方が賢明でしょう。

 

2WS POGドラフトリスト 2021-2022の販売を開始しました。下記サイト、お近くの主要コンビニの e-プリントサービスもしくは e-SHINBUNのサイトからご購入いただけます。ご興味があれば、是非、ご購入くださいませ。

 

winsormore.stores.jp

www.e-printservice.net

www.e-shinbun.net