POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.14 パイネ

 

 

f:id:Winsormore:20191022112809j:plain

パイネ

本馬は母が11歳の時に出産した6頭目の仔にして、5頭目ディープインパクト産駒。母の競走馬としての生涯戦績は9戦1勝。初勝利はダート1700m。デビュー戦も3歳の1月と早いデビューではなかった。ダートでの初勝利を見る限り、自身は母馬のブロードアピールからダート適性の影響を受けたのであろう。母はダート適性の産駒であったが出産した5頭の中から2018年ダービー馬のワグネリアンを輩出している。ワグネリアンを含め5頭中3頭がPOG期間内に2勝以上をあげており、ディープインパクトとはNICKSと考えられる。

 

本馬の誕生日は4月26日とやや遅めであるが、これまでの産駒達はいずれも年内デビューを果たしており、年内デビューは十分可能と考えられる。春先の馬体重は412kgとやや小さめに出ており、初仔のテンダリーヴォイスと同程度の馬格と考えられる。

 

しかし、2WS indexは1209と高い値を示しており、病気や怪我がなければPOG期間内2勝をあげる可能性は高いと考えられる。