POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.1 エカテリンブルク

POGに勝つための情報はPOG本をはじめとする現場情報を収集し、負けないための馬選び【特にドラフト下位選び】は2WS indexで!!!

 

有力なPOG情報を得られるような人脈がある訳でもなく、有力な一口馬主クラブの会員になる経済的余裕もない、POG情報弱者の私が、少しでも勝率を上げるため、独自で競走馬の活躍予測指標【2 wins or more index:以下、2WS index】を開発しています。POG期間内に2勝を上げることのできる競走馬を複数指名することができれば、大負けする能性も低くなりますし、2勝以上上げることのできる産駒が複数いれば、重賞、あるいはG1を勝てる馬を指名する可能性も高まるはず!という仮説に基づいています。良ければ、皆さんも来年のPOGドラフトの参考にしてみてくださいねー

 

 2 WS indexとは・・・

  • 2WS indexは現場情報に頼らず、6月に始まる2歳新馬戦からダービー までの期間【以下、POG期間 】に芝1400m ~ 2400mのレースで2勝以上できる可能性の高い馬をPOGドラフト前に探し当てるために開発している指数です。
  • 2WS indexは数値の大きい方が2勝以上あげる可能性が高いと予測するものです.
  • 指数の数値がマイナスになることはありません。また、満点もありません。
  • 種牡馬繁殖牝馬のうち、どちらか、もしくは両方が初年度産駒の場合、2WS indexは算出できません【泣】。

 

こんな方にオススメ!

  •  ドラフト下位の指名馬選びがうまくいかないことがある方。
  •  ドラフト会議当日までに十分な検討ができなかった方。
  •  ドラフト会議中に指名馬リストから指名馬がいなくなった経験のある方。

 

2WS indexには、こんな効果が!!

  • 2WS indexは思い入れ or 思い込みでハズレ馬を選ぶことを防いでくれるかも?!
  • 2WS indexは馬を選ぶときに冷静な目を与えてくれる・・・はずです!!
  • 2WS indexは馬選びの判断に迷った時のよすがになる?!

 

注意事項:利用・閲覧ルール

  • 当ブログにより生じた如何なる事象に対しても、当方は一切の責任を負いません。
  • 当ブログの掲載内容は、運営者独自の見解に基づいてのみ構成されています【つまり、言いたいことを勝手に言っているだけということです】。信憑性・信頼性を保証するものは何もありません。
  • 当ブログに掲載した内容について、第三者に問い合わせることは禁止とさせて頂きます。特に厩舎関係者、牧場関係者等、競走馬の育成に携わる方々への直接の問い合わせは、業務の妨げに繋がる可能性がありますので、くれぐれも慎んでいただきますよう、お願い致します。
  • 当ブログ掲載の情報を他のサイトに無断転用することも禁止させて頂きますね。

今後の予定

  • 2019年中は2017年産の産駒の2WS indexを順次公表します。2019年末にはブログに掲載した競争馬の2WS indexの一覧をRANKING形式にして発表し、その信憑性を確かめたいと思います。
  • 2020年になりましたら、2018年産の産駒の2WS indexを順次発表し、2020年―2021年シーズンのPOGドラフトの参考になるよう、5月中に一覧をRANKING形式で発表する予定です。

【例】:今後、下記のような形式で2WS indexを発表していきます。

f:id:Winsormore:20190908180533j:plain

エカテリンブルク

父馬:ブラックタイド
父馬は御存知ディープインパクトの全兄。自身の重賞勝ちは2004年スプリングS【中山芝1800m】のみ。年度代表馬となったキタサンブラックを輩出して種牡馬としての評価を一気に高めた。2019年にディープインパクトがこの世を去ったため、更に種牡馬としての注目を集めている。芝でもダートでも活躍する産駒を輩出。

 

母馬:ファイナルスコア
自身は、リディアシオ賞【G1】、伊オークス【G2】で1着をはじめ、計5勝をあげている。初産駒のノーブルスコア【父:ディープインパクト】はPOG期間内6戦1勝と成績は振るわなかったが、19年チューリップ【G2】では3着に入線し、桜花賞にも出走【17着】。素質の片鱗を見せた。

 

本馬:エカテリンブルク

本馬は母が6歳時に出産した2頭目の産駒。1頭目の父はディープインパクト。本馬の父はディープインパクトの全兄ブラックタイドである。ノーブルスコアは小柄な牝馬だったが、本馬はブラックタイドを彷彿させる500kg程度の大型馬に成長。ノーブルスコアは、惜敗続き【1,1,3,1:初勝利後3戦連続3着】で今一つ勝ちきれない戦績だったが、出走したレースでは素質の片鱗を随所に見せていた。本馬は、父馬がディープインパクトからブラックタイドに変わったことで、POG期間内に2勝以上することが期待されるが、2WS indexの649は高い値ではない。本馬は生まれが早い方ではあるが、母の産駒の成長スピードは遅めかもしれず、勝ち味に遅い可能性が高く、POG指名は見送りで良いと考える。しかし、馬体が小さく、馬体重維持に苦労した姉と違い、雄大な馬体を誇る本馬は、ブラックタイドとの配合が嵌った場合には、大物に化ける可能性もある。