POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.6 ファーストフォリオ

f:id:Winsormore:20191022155618j:plain

ファーストフォリオ

本馬は母が15歳の時に出産した10頭目の仔。母の競走馬としての戦績は、国内では2005年オークス 1着、2005年桜花賞 2着。海外ではアメリカンオークス【G1】 1着。生涯戦績は6戦5勝であった。血統的には父スペシャルウィークサンデーサイレンスの代表産駒の1頭。父の母系にはマルゼンスキーがいる。一方、母父にはSadler’s Wellsがいる。サンデーサイレンスSadler’s wellsは配合として相性は良くなかったが、間にスペシャルウィークを挟むことで、大物の輩出に至ったのが本馬である。繁殖牝馬としてのシーザリオ種牡馬を選ばず活躍馬を輩出しているが、その活躍馬はいずれも牡馬。牝馬は全くと言っていいほど活躍しておらず、典型的なコルトサイアーと言える。


キングカメハメハシーザリオはNICKSと言っても良いほどであるが、シーザリオ自身がコルトサイアーであるため、牝馬である本馬がPOG期間内に2勝をあげる可能性は極めて低い。2WS indexもそれを反映して137と非常に低い数字となっている。

 

 

手?治虫シェイクスピア漫画館

手?治虫シェイクスピア漫画館