POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.30 イースセティクス

f:id:Winsormore:20190920144859j:plain

イースセティクス

 

 

母の父はミスタープロスペクターseeking the gold。母はNorthern dancerStorm Cat産駒。繁殖牝馬としてはこれまで6頭出産。重賞勝ちを収めた産駒はまだいない。これまでの産駒は体質が弱いことが多く、鼻出血や皮膚病などでレースに順調に出走を先送りせざるを得ない産駒もあった。

 

本馬は母が12歳の時に出産した7頭目の産駒。全兄のアンタラジーPOG期間内4戦1勝と競争成績は振るわなかったが、鼻出血を起こして休養を強いられるなど、素質はあるものの体質面のトラブルから出世を阻まれた感がある。それが証拠にPOG期間終了後からは3連勝で準オープンまで駆け上がった。その後の戦績はイマイチであるが、高い素質が無ければ条件戦3連勝はできなかったであろう。素質の片鱗は見せていたものの、ディープインパクトとNICKSと呼んでよいかの判断はまだつかない。本馬は久しぶりのディープインパクトとの配合により生まれた産駒。

 

2WS indexは883と高めの数値を示しているが、懸念材料は体質面の弱さと420kg程度の小さな馬体である。これらを懸念材料を乗り越えられれば、POG期間内2勝の戦績を上げることは難しくないと考える。