POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.90 ダノンブレッド

ダノンブレッド プロフィール

ダノンブレッド

本馬ダノンブレットは母馬ダイワズームが出産した2頭目の仔。初仔もダノンブレット同じキングカメハメハ産駒のヴィアメントです。ヴィアメントのPOG期間内の戦績は7戦1勝。勝ち上がりには4戦を要しました。POG期間後、すぐに2勝目をあげましたがダート戦でした。キングカメハメハはミスタープロスペクター系~キングマンボ系の流れを汲み、牝系は名牝ミエスクへと繋がっています。一方、母父はノーザンダンサー ⇒ トライマイベストの流れを汲むラストタイクーンで欧州血統を引き継いでいます。種牡馬としては、サンデーサイレンス系牝馬との配合で大成功を収めているだけでなく、母系によって多彩な適性を示す産駒が登場していますが、母馬とキングカメハメハの配合相性はあまり良いとは言えなさそうです。

 

母馬ダイワズームの競走馬としての生涯戦績は31戦4勝。初勝利には7戦を要しましたが、初勝利からは3連勝してオークスへの出走を果たしています(6着)。母馬、仔ともに勝ち味に遅い傾向にあるようです。

 

本馬ダノンブレッドの2WS indexは120となりました。値自体は比較的高い数値を示しましたが、POGドラフトリストに掲載するレベルには少し足りていません。母馬はまだ若く、繁殖牝馬としての活躍を期待できます。一方、父馬のキングカメハメハはこれまで数々の重賞winnerを輩出してきた優秀な種牡馬です。キングカメハメハ産駒の傾向としては、牡馬が良績を残す傾向にあり、キングカメハメハ産駒で牡馬のダノンブレッドにも活躍の期待がかかりますが、母馬及び仔に見られるの勝ち味に遅い傾向は、POG的には大きなマイナス要素であり、2WS indexの示す値にしたがってPOGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

 

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net