POGドラフト対策 ブログ 2022-2023

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ ソーマジック ~

サンデー系以外との配合が見てみたい!

ソーマジック

ソーマジック

ソーマジック

競走馬としてのソーマジック

繫殖牝馬ソーマジックは父馬シンボリクリスエス(1999-2020)、母馬スーア、母父Fairy Kingの配合で生まれました。競走馬としてのソーマジックの生涯戦績は20戦4勝。主な戦績に2008年アネモネS(OP)があります。重賞には手が届きませんでしたが、全4勝の内、3(連)勝はPOG期間内でしたので、ソーマジックは早熟の競走馬だったのでしょう。

 

ソーマジックの血統背景

父馬シンボリクリスエスはロベルト系種牡馬です。競走馬としての生涯戦績は15戦8勝。主な勝ち鞍は2002年、2003年有馬記念、2002年、2003年天皇賞(秋)があります。種牡馬シンボリクリスエスは、2011年朝日杯FSを制したアルフレード、2012年安田記念を制したストロングリターン、2013年菊花賞と2014年ジャパンカップを制したエピファネイアなどマイル~長距離まで幅広い距離適性を持った産駒を輩出。加えて2009年にフェブラリーステークスを勝ったサクセスブロッケン、2018年チャンピオンズカップの覇者ルヴァンスレーヴを輩出するなど、距離適性だけでなく、馬場適性も乗り越えて様々なタイプの産駒を輩出した万能種牡馬でした。ちなみにシンボリクリスエス産駒のエピファネイアは、ディープインパクト亡き後のリーディングサイアーランキングトップを狙える位置にいる種牡馬として、父の血を後世に伝えています。

 

母馬スーアは愛国産のサラブレッドで、イタリアを主戦場としていました。競走馬としての生涯戦績は16戦5勝。主な勝ち鞍に2000年 伊1000ギニ―があります。血統背景に注目してみますとソーマジックの5代母にはジェンティルドンナ、ロジャーバローズを輩出した牝系の祖にあたるFair Astronomerがいます。Fair Astronomerは英愛仏で20戦10勝の戦績を残し、繁殖牝馬としても5頭の後継牝馬を輩出。その5頭の内4頭の系譜からGⅠウイナーが出ており、競走実績のみならず、血統的背景も超一流です。

 

ソーマジック産駒のPOG期間内戦績及び傾向

ソーマジック産駒一覧

ソーマジック産駒一覧

ソーマジックは現時点で9頭の仔を出産しています。9頭の内、POG期間を終了しているマジカルキュートまでの7頭を考察対象にします。出世頭はディープインパクト産駒マジックキャッスル及びオルフェーヴル産駒のソーヴァリアントです。

 

父系の違いによる戦績の差について

ソーマジックには一貫してサンデーサイレンス系種牡馬が交配されており、父系による戦績の違いはないように思われます。ディープインパクトとオルフェーヴルの配合でそれぞれ重賞ウイナーを輩出していますし、産駒7頭中6頭がPOG期間内に勝ち上がっていますので、総じてサンデーサイレンス系種牡馬との配合相性は悪くはないようです。キングカメハメハ系種牡馬との配合が興味深いところですが、現時点では実現されていませんし、ソーマジック自身も高齢の域に入っているので、繁殖能力が残っているうちに実現することが望まれます。

 

産駒のデビュー時の馬体重について

最軽量でデビュー戦を迎えたのはマジックキャッスルで424kg。最重量は初仔のソーアメージングで504kgでした。ディープインパクト産駒の3頭が最軽量の3頭で、ディープインパクト産駒の3頭以外は480kg以上でデビュー戦を迎えており、ソーマジック産駒は馬格に負けてレースで苦戦する可能性は低そうです。

 

産駒のデビュー時期について

ソーマジックの産駒は7頭全て2歳の内にデビューできており、体質が弱くデビューが遅れる可能性は低そうです。ちなみに高い確率でPOG期間内に勝ち上がるソーマジック産駒ですが、デビュー戦勝ちを果たしているのは、マジックキャッスル1頭だけです。馬体は小さくとも、デビュー勝ちするようであれば、POG期間内の活躍が期待できそうです。

 

産駒の性差による戦績の差について

出世頭のマジックキャッスルが牝馬、ソーヴァリアントは牡馬です。他の産駒の戦績を見ても性差による戦績の偏りは見られません。

 

繁殖牝馬ソーマジックまとめ

  • サンデーサイレンス系種牡馬との相性は良いが、GⅠを勝つほどの大物産駒が誕生するには至っていない。
  • ソーマジック産駒は比較的馬格にも恵まれ、デビューも遅くはない。POG指名においては安心材料。
  • POG期間内1勝する確率は高いが、デビュー勝ちはマジックキャッスルの1頭だけ。デビュー戦は期待できない血統と言えるが、デビュー勝ちできれば活躍が見込める。

 

最後に繁殖牝馬ソーマジックの繁殖牝馬としてのタイプを表すべく、レーダーチャートを用いてみました。

高レベル安定型繁殖牝馬:重賞ウイナー輩出までは期待できるが、GⅠ級輩出となると物足りない繁殖牝馬

ソーマジックRC

ソーマジックRC



当ブログを応援していただける方は、

YouTubeチャンネル登録をお願いします!

↓アイコンをクリック or タップ

youtu.be

 

POG指名馬を現地で応援しましょう!!

交通の手配はコチラ!!

 

血統についてもっと知りたい方はコチラ