POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.59 サトノインプレッサ

f:id:Winsormore:20191027094352j:plain

サトノインプレッサ

サトノインプレッサは母が12歳の時に出産した4頭目の仔。母のサプレザはアメリカで生産されフランスで調教された競走馬。競走馬としての戦績は、リステッドレース2勝を含む3勝の他、2009年秋のG1サンチャリオットステークスで優勝。翌2010年にも同競走を制覇するなど、デビュー当初より1600mから1800mの競走を主体に活躍を続けた。また、仏英欧州圏の他、日本・香港へも遠征、大崩れのない堅実な成績を残し、他国の馬場への適応性が高かった。2009・2010・2011年のマイルチャンピオンシップの招待馬として日本でも出走し、それぞれ3着・4着・3着という結果となっている。

 

繁殖牝馬としては、ヴィクトワールピサディープインパクトオルフェーヴルが種付けされたが、大成した産駒はまだいない。

 

サトノインプレッサの2WS indexは769と決して高い値ではない。父に再びディープインパクトを迎えたものの、全兄のルーズベルトゲームはPOG期間内1勝しかできておらず、ディープインパクトとの配合には疑問がつくところである。この血統に思い入れのある方以外は、ドラフト指名は避けた方が賢明であろう。

 

乗用SUBARUインプレッサWRC

乗用SUBARUインプレッサWRC