POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.100 ヴィジャーヤ

ヴィジャーヤ

ヴィジャーヤ

本馬ヴィジャーヤは母馬デプロマトウショウが出産した2頭目の仔。初仔はディープインパクト産駒のスピリトゥス。初仔だったことも影響しているのかもしれないが、スピリトゥスのPOG期間内の戦績は4戦1勝で、ディープインパクト産駒としては物足りない戦績で、母馬の繁殖牝馬としての能力には疑問が残るところです。

 

母馬の競走馬としての生涯戦績は23戦2勝。2勝しかしていませんので重賞への出走経験もなく、競走馬としては全く活躍できませんでした。血統的にはデプロマトウショウの母馬は重賞3勝の実績を残したマザートウショウです。重賞3勝はいずれもクラシックシーズン前に獲得したものであり、マザートウショウ自身は早熟のサラブレッドであったことが窺い知れますが、デプロマトウショウ自身はマザートウショウの競争能力や曽井町スピードを受け継げなかったようです。

 

本馬ヴィジャーヤの2WS indexは86となりました。母馬はまだ若く、ヴィジャーヤが2頭目の仔ですので、繁殖牝馬としての能力を評価するには時期尚早かもしれません。一方、ヴィジャーヤの父馬オルフェーヴルの産駒の傾向としては、芝適性の産駒もいれば、ダート適性の産駒もいて、特にどちらがダメということはないようです。距離的には中~長距離に適性があるようです。初年度産駒から皐月賞馬エポカドーロ、阪神JF馬ラッキーライラックを輩出していますが、コンスタントに活躍する産駒を輩出するタイプの種牡馬というよりは、走る産駒はG1級というホームランバッターのような種牡馬なのかもしれません。デプロマトウショウとの配合相性が嵌れば、大物誕生ということにもなるのでしょうが、2WS indexは低い値を示しましたので、POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

 

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net