POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.61 ラッシュアップ

f:id:Winsormore:20191102180940j:plain

ラッシュアップ

ラッシュアップは母が9歳の時に出産した2頭目の仔。初年度はディープインパクトが種付けされた。母ノーブルジュエリーの競走馬としての戦績は21戦6勝。洛陽S【OP】を勝利してオープン入りを果たしたものの、重賞には手が届かなかった。

 

ディープインパクトを種付けした初仔のノーブルカリナンのPOG期間内の戦績は5戦1勝であった。ソエや腰の疲労などを発症し、体質的に決して強いとは言えなかったが、年内に勝ち上がりを果たし、年明けのエルフィンS 【OP】では2着に入るなどPOG期間内にはそれなりの存在感があった。

 

ラッシュアップの2WS indexは729と高くもなければ、低くもない値となった。父がディープインパクトからヴィクトワールピサに変わったことが本馬にどのような影響をもたらしたのか、大いに気になるとことである。初仔で生まれたノーブルカリナンのような体質の弱さが出ず、早期にデビューできるようであれば、POG期間内2勝以上を戦績を収める可能性はあるが、この血統に特に思い入れが無ければ、ドラフト指名は回避しても良いと考える。

デジャヴュ ラッシュアップKマスカラ

デジャヴュ ラッシュアップKマスカラ

 
Superfly BEST

Superfly BEST