POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.101 アイリスクォーツ

アイリスクォーツ プロフィール

アイリスクォーツ

本馬アイリスクォーツは母馬スペクトロライトが出産した2頭目の仔。初仔はマジェスティックウォーリア産駒のライトウォーリアです。ライトウォーリアのPOG期間内の戦績は5戦2勝。しかし、ダートでの戦績に絞れば3戦2勝です。POG期間終了後にも3勝目を上げており、ダート適性の高さを見せています。

 

母馬スペクトロライトの競走馬としての生涯戦績は12戦2勝。この2勝はいずれもダート戦のものです。父馬の影響の方が強い可能性も十分にあると思われますが、初仔のライトウォーリアもダートでの適性を見せており、繫殖牝馬としてのスペクトロライトは自身の戦績同様に仔にダート適性を伝えるタイプなのかもしれません。

 

本馬アイリスクォーツの2WS indexは77となりました。母自身や兄の戦績を見てみると本馬アイリスクォーツもダート適性が高く、POGには不向きのように思われます。アイリスクォーツの父馬はアジアエクスプレスです。種牡馬アジアエクスプレスは、競走馬時代には2013年朝日杯フューチュリティステークスを制しており、戦績からは芝向きの種牡馬のように思われますが、皐月賞で6着になって以後は、主戦場をダート戦に移しており、適性はダートの方が高いように思われます。母馬スペクトロライトにはPOG向きに種牡馬をあてがいたいところですが、生産者側の思惑には、それはなさそうです。それはさておき、本馬アイリスクォーツはダート適性の高い産駒のように思われますので、2WS indexの示す値に従ってドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。POG向きの種牡馬が配されたときには狙ってみたいと思います。

 

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net