POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繁殖牝馬研究 ~ シュガーハート ~

優秀な繁殖牝馬だが、POG的には??

シュガーハート

シュガーハート

シュガーハート

競走馬としてのシュガーハート

繁殖牝馬シュガーハートはヤナガワ牧場の生産馬で、父馬サクラバクシンオー、母馬オトメゴコロ、母父ジャッジアンジェルーチの配合で生まれたサラブレッドです。生涯戦績は0戦0勝で、競走馬デビューはしていないようです。

 

繁殖牝馬シュガーハートの血統背景

繁殖牝馬シュガーハートの父馬サクラバクシンオーは社台ファームの生産馬で、プリンスリーギフト系の種牡馬。現役時代の戦績は21戦11勝。1993年、1994年スプリンターズステークス【GⅠ】連覇をはじめ、短距離路線で活躍した競馬史に残る名スプリンターでした。

 

種牡馬となってからは、日本独自の発展を遂げたプリンスリーギフト系の父系として後世にその血を残しました。主な産駒には2002年 高松宮記念【GⅠ】勝ち馬のショウナンカンプ、2011年NHKマイルカップ【GⅠ】勝ち馬のグランプリボス、2016年 高松宮記念【GⅠ】勝ち馬のビッグアーサーなどがいます。自身同様に産駒の活躍も短距離路線でのものが多かったようです。

 

一方、シュガーハートの母馬オトメゴコロも社台ファームの生産馬。生涯戦績は20戦4勝。重賞での勝ち星はありません。繁殖牝馬としては4頭の仔を出産しましたが、内2頭は未出走。残りの2頭も特筆すべき戦績は残せていませんので、繁殖牝馬としても大成していません。

 

シュガーハート産駒の

POG期間内戦績及び傾向

シュガーハート産駒一覧

シュガーハート産駒一覧

シュガーハート産駒の特徴及び傾向を把握すべく、既にPOG期間を終了している9番仔シュガークンまでを対象として考察を進めていきます。シュガーハート産駒の出世頭は2016年、2017年と2年連続年度代表馬に選出され、GⅠ7勝をしたキタサンブラックです。

 

シュガーハート産駒の

競走馬デビューの時期について

考察対象のシュガーハート産駒9頭の内、2歳時に競走馬デビューしたのは6番仔エブリワンブラック、7番仔ネクサスハートの2頭だけです。

 

残りの7頭は2歳時に競走馬デビューできていませんので、シュガーハート産駒は基本的に競走馬デビューの時期が遅くなると考えておいた方が良いようです。

 

ちなみにシュガーハート産駒9頭の内、デビュー戦を勝利で飾ったのは出世頭のキタサンブラックだけですので、シュガーハート産駒にはデビュー勝ちは期待できないと考えます。

 

シュガーハート産駒の競走馬デビュー時の

馬体重について

考察対象のシュガーハート産駒9頭の内、最軽量で競走馬デビューしたのは2番仔でステイゴールド産駒のショウナンバッハです。競走馬デビュー時の馬体重は450kgでした。一方、最重量で競走馬デビューしたのは出世頭キタサンブラックの全弟7番仔ネクサスハートで、競走馬デビュー時の馬体重は520kgでした。

 

出世頭のキタサンブラックの競走馬デビュー時の馬体重は510kgでしたので、シュガーハート産駒はしっかりした馬格で出てきた時の方が良績を期待できるでしょう。ただし、最重量で競走馬デビューしたネクサスハートのPOG期間内の戦績は3戦0勝。

 

ただ馬格が大きいというだけで指名することは避けた方が良さそうですが、馬格が大きいということは指名を考える上で最低限満たしておきたい条件と言えるでしょう。

 

シュガーハート産駒の性差による

POG期間内の戦績の差について

考察対象のシュガーハート産駒9頭の内訳は牡馬が7頭、牝馬が2頭です。出世頭のキタサンブラック、青葉賞【GⅡ】勝ち馬シュガークンが牡馬産駒である一方、牝馬産駒の2頭はPOG期間内に1勝も上げることができていませんので、シュガーハート産駒をPOGで指名するならば、牡馬の方が良いでしょう。

 

父系の違いによるPOG期間内の

戦績の差(配合相性)について

繁殖牝馬シュガーハートにはこれまでサンライズペガサス、ステイゴールド、ブラックタイド、ドリームジャーニー、ゴールドアリュール、ロードカナロア、ドゥラメンテが配されてきました。出世頭のキタサンブラックはブラックタイド産駒ですので、シュガーハートとブラックタイドの配合相性は悪くはないのでしょう。また、半弟シュガークンはドゥラメンテ産駒。系統の異なる種牡馬で、それぞれ重賞ウイナーを輩出していますので、繁殖牝馬シュガーハートは父馬を選ばず活躍馬を輩出できる優秀な繁殖牝馬であると考えます。

 

繁殖牝馬 シュガーハート

レーダーチャート

シュガーハートRC

シュガーハートRC

 

POGでシュガーハート産駒を

選ぶ時のポイント

  • 競走馬デビューの時期は遅い傾向にあります。
  • 馬格は大きい方が好ましいのですが、それだけで指名を決めるのは避けましょう。
  • POGで指名するならば、牡馬産駒がオススメ。

 

 

2WS POGドラフトリストの発売日は

毎年4月1日!

winsormore.stores.jp

 

www.e-printservice.net