POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.79 ブライトアイズ

ブライトアイズ ブライトアイズは母馬ブライスキャニオンが6歳の時に出産した2番目の仔。初仔のマナスルーテソーロはInvincible Spirit産駒で、POG期間内に2戦【0勝】して、地方競馬に転籍した。また、母馬のブライスキャニオンは競走馬としての出走成績はな…

POG2019-2020ドラフト対策 No.78 アクニディ

アグニディ アクニディは母馬サミターが8歳の時に出産した3頭目の仔。3頭はいずれもディープインパクト産駒である。2番目のディープインパクト産駒 ダノンチェイサーのPOG期間内の戦績は6戦3勝で、主な勝鞍には2019年きさらぎ賞がある。競走馬としてデビュー…

POG2019-2020ドラフト対策 No.77 イデアル

イデアル イデアルは母馬プリンセスオブシルマーが7歳の時に出産した2頭目の仔。初仔のダノンラスターもディープインパクト産駒。ダノンラスターはデビュー勝ちしたものの、その後は、勝ち星に恵まれておらず、繁殖牝馬としてのプリンセスオブシルマーの成功…

POG2019-2020ドラフト対策 No.76 リアム

リアム リアムは母馬のスターダムバウンドが11歳の時に出産した5頭目の仔。スターダムバウンドにはこれまでBig Brown、キングカメハメハ、ディープインパクト、ロードカナロアが種付けされた。これまで生まれてきた仔達は、父馬は異なっていても、いずれも芦…

POG2019-2020ドラフト対策 No.75 ヒメノカリス

ヒメノカリス ヒメノカリスは母馬ドバイマジェスティが12歳の時に出産した5頭目の仔。ドバイマジェスティにはこれまでキングカメハメハとディープインパクトが種付けされた。初年度にキングカメハメハが種付けされて以降は、ずっとディープインパクトが種付…

POG2019-2020ドラフト対策 No.74 レッドフラヴィア

レッドフラヴィア レッドフラヴィアは母馬レッドメデューサが8歳の時に出産した4頭目の仔。母は競走馬としては未デビュー。未デビューとなってしまった理由については不明である。ちなみに、初仔はレッドメデューサが5歳の時に出産したカジノドライヴ産駒な…

POG2019-2020ドラフト対策 No.73 ゴールドティア

ゴールドティア ゴールドティアは母馬ヒストリックスターが12歳の時に出産した6番目の仔である。ヒストリックスター自身はデビュー前に骨折してしまい、早々と繁殖入りとなったため、競走馬としての実績はない。しかしながら、ヒストリックスターには、名牝…

POG2019-2020ドラフト対策 No.72 ライフレッスンズ

ライフレッスンズ ライフレッスンズの母馬レジネッタの競走馬としての生涯戦績は28戦4勝。主な勝鞍には、2008年桜花賞 【GⅠ】、2010年福島牝馬S 【GⅢ】がある。その他、複数の重賞でも入賞を果たした。クラシック戦線でも重賞では惜敗続きで、レジネッタの最…

POG2019-2020ドラフト対策 No.71 バルトリ

バルトリ バルトリの母馬レディオブオペラの競走馬としての生涯戦績は9戦5勝。主な勝鞍には2014年の淀単距離S【OP】がある。競走馬としては、一流とまでは行かないが、500万下【1勝クラス】から淀単距離Sまで4連勝して、一気にオープンクラスまで駆け上がっ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.70 ゴルトベルク

ゴルトベルク ゴルトベルクは母が9歳の時に出産した3番目の仔。母のグルヴェイグにはこれまでキングカメハメハ、ハービンジャーが種付けされた。ゴルトベルクは初仔のヴァナヘイムと同じキングカメハメハ産駒。そのヴァナヘイムは新馬勝ちし、ラジオN杯京都2…