POGドラフト対策 ブログ 2022-2023

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【 POG 】繁殖繁殖牝馬研究 ~ ダイワパッション ~

ダイワパッション血統図 繁殖牝馬ダイワパッションは父馬フォーティナイナー、母馬サンルージュ、母父シェイディハイツの配合によって生まれた競走馬でした。ダイワパッションの競走馬としての生涯戦績は17戦4勝。3戦目の未勝利戦を勝ち上がった後は、3連勝…

POG的勝利数ランキング 2022年7月

以下のデータはJRA主催 芝1400m以上の2歳新馬戦、未勝利戦を対象としたランキングデータです。 生産者別勝利数ランキング 2022年7月 生産者別勝利数ランキング2022年7月 上記表は生産者別の勝利数ランキングです。6月に続いて7月もノーザンファームが1位とな…

POG的勝利数ランキング 2022年6月

JRAが主催している芝1400m以上の2歳新馬戦、未勝利戦を対象として、生産者、厩舎、種牡馬が、どのような成績を残したのかを月別にランキング化していきます。言うまでもありませんが、対象を芝1400m以上のレースとしているのは、ダービー馬となりそうな馬を…

2023年クラシックを勝つのはこの馬だ!~ 牡馬編 ♂ ~

今年も2歳馬の熱い戦いが始まりました!各競馬場で将来のスター候補がデビューを迎えていますが、いち早く、来年のクラシックウイナーを見つけ出すべく、アンケート形式で皆様の見立てを教えてもらう企画を行います。 デビュー戦の内容から有力と思われる2歳…

2023年クラシックを勝つのはこの馬だ!~ 牝馬編 ♀ ~

今年も2歳馬の熱い戦いが始まりました!各競馬場で将来のスター候補がデビューを迎えていますが、いち早く、来年のクラシックウイナーを見つけ出すべく、アンケート形式で皆様の見立てを教えてもらう企画を行います。 デビュー戦の内容から有力と思われる2歳…

2WS POGドラフトリスト 2021-2022結果振り返り

2WS POGドラフトリスト 2021-22 牡馬編 結果振り返り 2WS POGドラフトリスト2021-22 掲載牡馬の中で重賞勝ちを果たしたのは、キラーアビリティとコマンドラインでした。2020-21シーズンは3頭の重賞勝ち馬をリストに掲載していたことから考えれば、物足りない…

早期デビューはやっぱり有利!

デビュー月別レース出走頭数一覧 上記表は過去3年の日本ダービー、オークス、NHKマイルカップの出走馬(競走除外馬含む)を対象として、デビュー月別にその頭数を集計した表です。 表の見方ですが、2022年日本ダービーに出走した馬の内、7月にデビューした馬…

2022年POGドラフト戦略 ~ ディープインパクトバブルに気をつけろ!~

ディープインパクトバブルに気をつけろ 2019年7月にこの世を旅立ったディープインパクト。今更語るまでもありませんが、種牡馬として10年連続でリーディングサイアーランキングのトップに君臨し、産駒の勝率は他の種牡馬に比べ、頭1つも2つも抜け出ていまし…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! ハーツクライ産駒編 ~

2022年ハーツクライ産駒初仔 種牡馬ハーツクライは2008年に種付けが開始され、初年度産駒は2010年にデビュー。2013年に国内リーディングサイアーランキング5位になって以降、常に国内リーディングサイアーランキングで上位をキープし続けてきました。そんな…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! エピファネイア産駒編 ~

2022年エピファネイア産駒初仔 エピファネイアの初年度産駒からは牝馬クラシック3冠のデアリングタクトが、2年目産駒からは年度代表馬エフフォーリアが輩出され、3年目産駒からは阪神JF勝ち馬のサークルオブライフが現れ、エピファネイアの種牡馬としての評…

2022年POGドラフト戦略 ~ 初仔も狙え! ロードカナロア産駒編 ~

2022ロードカナロア産駒初仔 2022年に競走馬デビューする(2020年産の)ロードカナロア産駒はアーモンドアイのクラシック3冠を見届けた翌年の種付けによって生まれた産駒。言い換えれば、ロードカナロア産駒の種牡馬人気が最も高騰した年の種付けと言えるの…

2022年POGドラフト戦略 ~ ”初仔は走らない!" は、もう古い! ~

初仔成功事例(初仔でPOG期間内に重賞勝利を飾った仔達) 初仔成功事例 『初仔は走らない』と競馬界では、まことしやかに囁かれているが、果たしてそれは本当なのだろうか?上記表は、初仔ながらPOG期間内に重賞勝利を飾った産駒の事例(たぶん抜け漏れあり…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part3~

Kingman産駒について 2020年産Kingman産駒一覧 Kingmanは英国で供用されている欧州トップクラスの種牡馬。初年度産駒からGⅠ Winnerを輩出し、2年目産駒からもGⅠ Winnerが出ています。日本で走った産駒数は決して多くはないものの、2021年にはシュネルマイス…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part2~

ドゥラメンテ産駒について(カッコ内は総産駒数、2019年産は4月11日時点) POG期間内に1400m以上の芝レースで2勝以上したドゥラメンテ産駒は以下の通り。 ドゥラメンテ産駒 初年度産駒からは菊花賞馬タイトルホルダーが、2年目産駒からは桜花賞馬スターズオ…

2022年POGドラフト戦略~産駒数から見るPOGドラフト指名馬選びの注意点 Part1~

種牡馬別産駒数推移 10年連続でリーディングサイアーランキングの首位を走り続けたディープインパクト。その産駒も2022-2023年シーズンはたったの6頭。その6頭の中からクラシック戦線を賑わすような活躍馬が輩出されるのか否か?その答えは神のみぞ知るとい…