POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.53 ローレリスト

f:id:Winsormore:20191019112125j:plain

ローレリスト

本馬は母が12歳で出産した5頭目の産駒。これまでMakfi、ステイゴールドトーセンホマレボシが種付けされたが、クラッシックシーズン内に特筆すべき活躍を見せた兄姉はいない。母のスプリングシーズンⅡは半妹にG16勝のMidday、近親に英オークスフィリーズマイルも勝ったReams of Verseなどもいる血統であるが、競走馬としては大成しなかった。

 

本馬の2WS indexは98と大変低い値であり、POG期間内に2勝以上を上げる可能性は極めて低い。本馬の兄姉は体質の弱い傾向があり、デビュー時期も遅く、競走馬としてデビューできなかった産駒もいるため、本馬にも体質の弱さが伝わっていないかが懸念される。一方、本馬は父にディープインパクトの全兄ブラックタイドを迎え入れた。ブラックタイド産駒のキタサンブラックの活躍もあり、血統的背景からもブラックタイド種牡馬として注目を浴びるようになっており、本馬が活躍を見出せる活路としては、母のブラックタイドとの相性の良さということになろう。