POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG

POG2019-2020ドラフト対策 No.66 ダイワクンナナ

ダイワクンナナ ダイワクンナナは母が13歳で出産した7頭目の仔。母にはこれまでチチカステナンゴ、キングカメハメハ、ハービンジャー、エンパイアメーカー、ノヴェリストが種付けされたが、母の競走馬としての実績と見比べると、どの仔も競走馬としては大成…

POG2019-2020ドラフト対策 No.65 トゥルーヴィル

トゥルーヴィル トゥルーヴィルは母が12歳の時に出産した6番目の仔。これまでマンハッタンカフェ、ハーツクライ、ディープインパクト、ダイワメジャー、オルフェーヴルが種付けされた。ディープインパクトが種付けされたのはトゥルーヴィルが2頭目である。全…

POG2019-2020ドラフト対策 No.64 スカイグルーヴ

スカイグルーヴ スカイグルーヴは母が9歳の時に出産した2番目の仔。初年度に種付けされたハービンジャー産駒はPOG期間内0勝であった。母のアドマイヤセプターの競走馬としての生涯戦績は27戦5勝。主な戦績は2012年京阪杯【G3】 2着などがあるが、父キングカ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.63 キムケンドリーム

キムケンドリーム キムケンドリームは母が15歳で出産した9頭目の仔。母にはこれまでハーツクライ、ゼンノロブロイ、ネオユニヴァース、ゴールドアリュール、エンパイアメーカーが種付けされてきた。ハーツクライ産駒のメイショウナルトの生涯戦績は51戦7勝。…

2WS index 牝馬編 2019.11.10

2WS index Ranking 牝馬編 2019.11.10 11月になって2WS indexの高かったレシステンシアとホウオウピースフルが2勝目を上げてくれました。2WS indexの信憑性が少しだけ高まりました。サンクテュエールもアルテミスS【G3】2着と好走していますし、このまま計…

2WS index 牡馬編 2019.11.09

2WS index Ranking 牡馬編 2019.11.09 京王杯2歳S【GⅡ】はタイセイビジョンが、福島競馬場で行われたきんもくせい特別【1勝クラス】はココロノトウダイが勝ちました。タイセイビジョンの2WS indexは501、ココロノトウダイの2WS indexは497と両馬ともに低い2…

POG2019-2020ドラフト対策 No.62 サクラトゥルージュ

サクラトゥルージュ サクラトゥルージュは母が11歳の時に出産した5頭目の仔。母にはこれまでマンハッタンカフェ、ステイゴールド、エンパイアメーカー、ネオユニヴァースが種付けされた。誕生した5頭の内、2頭は未デビュー。デビューした2頭はPOG期間内0勝と…

POG2019-2020ドラフト対策 No.61 ラッシュアップ

ラッシュアップ ラッシュアップは母が9歳の時に出産した2頭目の仔。初年度はディープインパクトが種付けされた。母ノーブルジュエリーの競走馬としての戦績は21戦6勝。洛陽S【OP】を勝利してオープン入りを果たしたものの、重賞には手が届かなかった。 ディ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.60 レクセランス

レクセランス レクセランスは母が6歳の時に出産した2頭目の仔。初年度はFrankelが種付けされた。そのFrankel産駒のエクセランフィーユの2019年10月末の戦績は4戦2勝と素質の高さをうかがわせる戦績である。 母のエクセレンスⅡの競走馬としての主な戦績はアン…

POG2019-2020ドラフト対策 No.59 サトノインプレッサ

サトノインプレッサ サトノインプレッサは母が12歳の時に出産した4頭目の仔。母のサプレザはアメリカで生産されフランスで調教された競走馬。競走馬としての戦績は、リステッドレース2勝を含む3勝の他、2009年秋のG1サンチャリオットステークスで優勝。翌201…

POG2019-2020ドラフト対策 No.58 ラブアンバサダー

ラブアンバサダー ラブアンバサダーは母が9歳の時に出産した4頭目の仔。母の競走馬としての戦績は11戦10勝。主な勝鞍は BCジュヴェナイルフィリーズ 【G1】、ガゼルS 【G1】がある。繁殖牝馬としての母は、これまでMedaglia d'Oro, ディープインパクトが種付…

2WS index Ranking 牝馬編 2019.11.03

2WS index Ranking 牝馬編 2019.11.03 アルテミスSを勝ったリアアメリア。強かったですね~。かなり粗削りなレースぶりでしたが。同レース2着に入ったサンクテュエールの2WS indexは1183と高かったので、2WS indexとの相関性は、この馬に限っては担保された…

2WS index Ranking 牡馬編 2019.1102

2WS index Ranking 牡馬編 2019.11.02 萩Sを勝ったヴェルトライゼンデ強かったですね~ 2WS indexは低いのですが・・・ヴェルトライゼンデのような馬をドラフト指名で獲るには、どのような要素が考慮されていなければならないのか・・・悩ましいです。

POG2019-2020ドラフト対策 No.57 クラヴァシュドール

クラヴァシュドール クラヴァシュドールは母が7歳の時に出産した2番目の仔。1頭目は2019年に初めて日本で供用されることとなったシャンハイボビー。シャンハイボビーは2 ~ 3歳時にアメリカで8戦6勝【BCジュヴナイル、シャンペンSなど】の戦績を収めた。2012…

POG2019-2020ドラフト対策 No.56 ヴィースバーデン

ヴィースバーデン 本馬は母が9歳の時に出産した3頭目の仔。これまでFrankel、ロードカナロアが種付けされたが、大物排出には至っていない。母は競走馬としての主な戦績は、ヴェルメイユ賞【G1:芝2400m】 2着をはじめとして、パークヒルS【G2】、リリーラン…

POG2019-2020ドラフト対策 No.55 レッドルレーヴ

レッドルレーヴ レッドルレーヴは母が7歳の時に出産した3頭目の仔。3頭は全てキングカメハメハとの配合によって誕生。上2頭はいずれもPOG期間内に1勝しかしていないが、2番仔のランフォザローゼスは1勝馬ながら、青葉賞、京成杯で2着に好走している。母系の…

POG2019-2020ドラフト対策 No.54 レシステンシア

レシステンシア レシステンシアは母が7歳の時に出産した2頭目の産駒。母は競走馬としてはフィルベルトレレナ大賞典【G1】を制覇する等の実績を残した。一方、繁殖牝馬としては、まだ2頭の産駒しか輩出していないが、半兄のミッキーブラック 【父:ブラックタ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.53 ローレリスト

ローレリスト 本馬は母が12歳で出産した5頭目の産駒。これまでMakfi、ステイゴールド、トーセンホマレボシが種付けされたが、クラッシックシーズン内に特筆すべき活躍を見せた兄姉はいない。母のスプリングシーズンⅡは半妹にG16勝のMidday、近親に英オークス…

POG2019-2020ドラフト対策 No.52 コントレイル

コントレイル コントレイルは母が7歳の時に出産した3番目の仔。母の競走馬としての戦績は7戦0勝であった。これまでゴールドアリュール、ダイワメジャーが種付けされたが、2頭の産駒の初勝利はいずれもダート戦であった。父ゴールドアリュールの産駒であれば…

POG2019-2020ドラフト対策 No.51 フローズンスタイル

フローズンスタイル フローズンスタイルは母が10歳の時に出産した4番目の仔。これまでローエングリン、キングカメハメハ、ノヴェリストと種付けされてきたが、まだ、特筆すべき兄姉は輩出されていない。母の競走馬としての戦績は23戦4勝。2010年デイリー杯ク…

POG2019-2020ドラフト対策 No.50 エバービクトリアス

エバービクトリアス エバービクトリアスは母が20歳の時に出産した13頭目の仔。これまでディープインパクトをはじめ、ダンスインザダーク、ゼンノロブロイ、ネオユニヴァース、ヴィクトワールピサ、マンハッタンカフェ、ダイワメジャーなどサンデーサイレンス…

POG2019-2020ドラフト対策 No.49 ストーンリッジ

ストーンリッジ 母クロウキャニオンはPOGではおなじみの血統。ストーンリッジは母が15歳の時に出産した11頭目の産駒。母は初年度にキングカメハメハを種付けして以降、ずっとディープインパクトとの種付けが続いている。母は繁殖牝馬としては大変優秀で、初…

POG2019-2020ドラフト対策 No.48 ペルラネーラ

ペルラネーラ POGでは毎年人気になるPOGファンにはおなじみの血統。父は言わずと知れたディープインパクト。母はサンチャリオットS(G1)、EPテイラーS(G1)のG1 2勝の名牝。ペルラネーラはその母が9歳の時に出産した4頭目の産駒。4頭はいずれもディープインパ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.47 ヴァーダイト

POGドラフト【特に下位指名】で失敗しないために、2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い有力2歳馬をPOGドラフト前に探し当てることのできる指数を開発・検証中です。

POG2019-2020ドラフト対策 No.46 サトノフウジン

サトノフウジン サトノフウジンは母が8歳の時に出産した4頭目の産駒。4頭の父は全てディープインパクトである。出世頭は2015年産のギベオンで、2018年NHKマイルC 2着、2018年毎日杯2着がPOG期間内の主な戦績である。1つ上の全兄は未デビューであるが、その理…

POG2019-2020ドラフト対策 No.45 ショウナンハレルヤ

ショウナンハレルヤ ショウナンハレルヤは母が9歳の時に出産した3頭目の仔。上2頭はゴールドアリュール、タニノギムレットが種付けされた。現在までのところ、特筆すべき活躍を見せた兄姉はいない。キズナが種付けされて生まれてきたのが本馬である。 父のキ…

POG2019-2020ドラフト対策 No.44 バトルオブアルマダ

バトルオブアルマダ バトルオブアルマダは母が10歳の時に出産した5頭目の産駒。母のラスティングソングは、ヴィルシーナ・シュヴァルグラン・ヴィブロス兄姉を輩出したハルーワソングの妹である。これまでシンボリクリスエス、ワークフォース、ノヴェリスト…

POG2019-2020ドラフト対策 No.43 リアアメリア

リアアメリア リアアメリアは母が6歳で出産した2頭目の産駒。1つ上の全姉リアオリヴィアも本馬同様にディープインパクト産駒であるが、全姉の競走馬としての戦績は6戦0勝【POG期間内は3戦0勝】。未勝利のまま繁殖入りした。母の血統を遡ってみると、父のRock…

POG2019-2020ドラフト対策 No.42 チュウワノキセキ

チュウワノキセキ チュウワノキセキは母が13歳の時に出産した6頭目の仔。これまでディープインパクト、オルフェーヴル、ロードカナロア等の種付けがなされたが、それらの産駒の成績は芳しくない。未デビューの産駒や体質が弱くデビューするまでに時間のかか…

POG2019-2020ドラフト対策 No.41 サリオス

サリオス 母自身の競走馬としての戦績は、独オークス【G1】 1着、ハンブルク牝馬賞【G3】 1着をはじめ海外4勝。繁殖牝馬としてはこれまで4頭を出産。初仔から3頭目までは全てディープインパクト産駒。そのディープインパクト産駒の戦績は、2頭目のサラキアが…