POGドラフト対策ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2019-2020ドラフト対策 No.31 アトリビュート

f:id:Winsormore:20191022090255j:plain

アトリビュート

母自身の競走馬としての戦績は10戦4勝。主な勝鞍としては2008年秋華賞【G1】がある。繫殖牝馬としては、これまで6頭を出産。代表的な産駒としては、ブライトエンブレム【2014年札幌2歳S 1着】、ウィクトーリア【2019年フローラS 1着】がいる。産駒はいずれも高い素質を示す馬ばかりだが、体が小さく出てしまうとPOG期間内の活躍は難しいようである。また、ディープインパクトとの相性はあまり良くないかもしれない。しかしながら、ネオユニヴァース種牡馬とは相性が良いようである。

 

本馬は母が12歳の時に出産した6頭目の産駒。父はリーディングサイヤーとして今なお君臨し続けているディープインパクトであるが、母はディープインパクトとは配合的相性があまり良くないようである。そして、母の産駒は小柄な馬体だと今一つ活躍できない傾向にある。本馬の春先の体重は440kg程度であり、デビューまでに更に体重が絞られてくることを考えるとPOG期間内2勝以上をあげるのは難しいかもしれない。

 

2WS indexは780で数値的には低くもなければ高くもない値である。血統的な思い入れがある方以外は指名回避して良いと考える。