POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.108 フェミニン

フェミニン プロフィール

フェミニン

結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り

 

母馬の産駒傾向

本馬フェミニンは母馬ラヴィアンフルールが出産した4頭目の仔。母馬にはこれまでキングカメハメハ、ルーラーシップ、エピファネイアが交配されてきました。母馬の仔の中での出世頭と呼べるような競走馬は、まだ輩出されていません。初仔のキングカメハメハ産駒コロンは馬体重が小さく(デビュー戦馬体重396kg)、活躍が厳しいと見込まれたせいか、わずか2戦で引退してしまいました。また、半姉のネガイ、半兄のリスペクトは現時点でそれぞれ2勝を上げていますが、惜敗のレースが多く、勝ち味に遅い傾向があります。

 

競走馬としての母馬について

母馬ラヴィアンフルールの競走馬としての生涯戦績は4戦0勝。競走馬としては全く活躍できませんでした。血統背景を遡ってみると、母馬ラヴィアンフルールの全兄には重賞3勝のナカヤマナイトがいます。しかし、ナカヤマナイト以外にはこれといった活躍馬はおらず、血統背景としては地味なものです。

 

父馬の産駒の傾向

本馬フェミニンの父馬リオンディーズは今年度の産駒が初年度産駒となります。したがって、リオンディーズの種牡馬としての傾向は未知数で、現時点では産駒の適性を推測することはできません。

 

総合評価

本馬フェミニンの2WS indexは43となりました。母馬は競走馬としても、繁殖牝馬としても、特筆すべき活躍はできていません。また、父馬リオンディーズの産駒の特徴も明らかになっていないので、POGのドラフト候補として推奨する理由が見当たらないので、ドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

 

 

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

www.e-printservice.net