POGドラフト対策 ブログ 2022-2023

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ テンダリーヴォイス ~

 産駒は小柄の傾向!テンダリーヴォイス

テンダリーヴォイス

テンダリーヴォイス

競走馬としてのテンダリーヴォイス

繁殖牝馬テンダリーヴォイスは父馬ディープインパクト、母馬ミスアンコール、母父キングカメハメハの配合で生まれたサラブレッドです。競走馬としての生涯戦績は14戦2勝。主な勝ち鞍は2015年アネモネS(OP)があります。また重賞での実績としては2015年フェアリーS 【GⅢ】 3着入線があります。

 

テンダリーヴォイスの血統背景

テンダリーヴォイスの父馬ディープインパクトはサンデーサイレンス系種牡馬で、国内リーディングサイアーランキングに長年トップに君臨している名種牡馬です。ディープインパクト産駒は2歳の早い時期から活躍する早熟性と1600 ~ 2400mでの距離適性を持ち、産駒は高い競走能力も備えていることから、クラシック戦線で活躍する競走馬を何頭も輩出しています。

 

テンダリーヴォイスの母馬ミスアンコールは生涯戦績9戦1勝の競走馬でした。1勝しかしていませんので、競走馬としては大成できませんでしたが、繁殖牝馬としては、2018年日本ダービー 【GⅠ】勝ち馬のワグネリアンを輩出しています。また、テンダリーヴォイスの祖母ブロードアピールは重賞6勝の実績を持つ一流の競走馬で、そのブロードアピールから広がる牝系からは日本ダービー馬ワグネリアンが輩出されている訳ですが、ブロードアピール→ミスアンコールへと繋がる系譜以外には、特筆すべき実績を上げた競走馬が出ていません。近親ということを理由にドラフト候補に選ぶ場合は要注意です。

 

テンダリーヴォイス産駒のPOG期間内戦績及び傾向

テンダリーヴォイス産駒一覧

テンダリーヴォイス産駒一覧

テンダリーヴォイス産駒の傾向及び特徴を把握するため、POG期間を終了している2番仔チェラーダまでを対象として考察を進めます。テンダリーヴォイス産駒の出世頭は2022年小倉記念 【GⅢ】勝ち馬のマリアエレーナです。

 

産駒のデビュー時期と馬体重について

考察対象2頭の内、デビューが早かったのはマリアエレーナで、デビューは2歳の10月でした。チュラーダは3歳の2月でした。あまり早い時期にデビューしていないのは2頭ともに馬体が小さいということが理由の1つと考えられます。2頭のデビュー戦時の馬体重はマリアエレーナが406kg、マリアエレーナが402kgでした。育成関係者の方々から見れば、馬体が小さければ、もう少し成長を促すべくデビューを遅らせる判断に至ることが推察されます。考察対象外としましたが、3番仔のサンポーニャもデビュー戦時の馬体重が436kgと小さな馬体の部類ですので、テンダリーヴォイス産駒は小さな馬体に生まれてくる傾向にあるようです。中型~大型の馬体の仔が生まれてきた場合には、期待をもって育成情報に注目したいと考えます。

 

産駒の性差および父系の違いによる戦績の差について

テンダリーヴォイス産駒2頭はともにクロフネ産駒の牝馬ですので、性差および父系の違いによる戦績の差については不明です。

 

テンダリーヴォイス レーダーチャート

テンダリーヴォイス レーダーチャート

テンダリーヴォイス レーダーチャート

繁殖牝馬テンダリーヴォイスまとめ

  • この母系で実績を残しているのは、現時点ではブロードアピール→ミスアンコールの系譜だけです。
  • 産駒は小柄に出る傾向にあります。小柄な馬体に出たことで、活躍時期が遅くなってしまう可能性が高まります。
  • 中型~大型の馬体に出たときや牡馬産駒の場合には注目。

 

当ブログを応援していただける方は、

YouTubeチャンネル登録をお願いします!

↓アイコンをクリック or タップ

youtu.be

POG指名馬を現地で応援しましょう!!

交通の手配はコチラ!!

血統についてもっと知りたい方はコチラ