POGドラフト対策 ブログ

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

【勝ち組PG】繫殖牝馬研究 ~ ボージェスト ~

全姉はアドマイヤセプター

ボージェスト

ボージェスト

ボージェスト

競走馬としてのボージェスト

繫殖牝馬アドマイヤセプターは父馬キングカメハメハ、母馬アドマイヤグルーヴ、母父サンデーサイレンスの配合で生まれたサラブレッドです。生涯戦績は11戦2勝。超良血の本馬ですが、重賞では出走の実績すらありません。

 

繁殖牝馬ボージェストの血統背景

繫殖牝馬ボージェストの父馬キングカメハメハは生涯戦績8戦7勝。2004年NHKマイルCと同年ダービーの変則G1 2冠を達成し、マイルから2400mまで幅広い距離適性を発揮した競走馬でした。種牡馬としては、これまで数々の重賞winnerを輩出してきました。代表的な産駒としては、ロードカナロア、アパパネ、ラブリーデイ、ドゥラメンテ、レイデオロがいます。サンデーサイレンス系牝馬との配合で大成功を収めているだけでなく、母系によって多彩な適性を示す産駒が登場しています。牡馬でも牝馬でも大物を輩出した実績がありますが、牡馬と牝馬では牡馬の産駒が良績を残す傾向にあります。

 

一方、母馬アドマイヤグルーヴは生涯戦績21戦8勝。主な勝ち鞍には2003年、2004年エリザベス女王杯 【GⅠ】 連覇の実績がある一流の競走馬でした。繁殖牝馬としても、アドマイヤセプター、ボージェストの他に2015年牡馬クラシック2冠馬ドゥラメンテを輩出しており、繫殖牝馬として一流の実績を残しています。血統を遡ってみると、ボージェストの2代母にGⅠを2勝し、1997年JRA賞年度代表馬に選出されエアグルーヴの名前があり、血統背景は一流の繁殖牝馬です。

 

ボージェスト産駒のPOG期間内戦績及び傾向

ボージェスト産駒一覧

ボージェスト産駒一覧

ボージェスト産駒の特徴及び傾向を把握すべく、POG期間を終了している3番仔ソネットフレーズまでを中心に考察を進めていきます。なお、ボージェスト産駒の出世頭は2番仔ボーデンと3番仔ソネットフレーズです。

 

産駒のデビュー時期について

考察対象のボージェスト産駒3頭は全て2歳の内にデビューできていますが、今回考察対象外としたドレフォン産駒の4番仔は2歳の内にデビューできませんでした。ボージェスト産駒は基本的にはデビューが大きく遅れることはない傾向にありますが、やはりそこは生き物。全ての産駒が順調に成長し、競走馬としてのトレーニングを積んでデビューということにはならないようです。

 

産駒の競走馬デビュー時の馬体重について

考察対象のボージェスト産駒3頭の内、最軽量でデビューしたのは3番仔ソネットフレーズで、デビュー戦時の馬体重は466kgです。一方、最重量でデビューしたのは初仔のネクサスアルカナムで、デビュー戦時の馬体重は482kgでした。3頭は466kg ~ 482kgの間にあります。この範囲から大きく外れるような馬体であれば、POGドラフト指名にあたっては慎重になった方が良いでしょう。

 

産駒の性差による戦績の差について

出世頭のボーデンが牡馬。ソネットフレーズが牝馬。クラシック戦線で活躍した両馬でしたが、POG期間内の戦績はともに3戦1勝でした。牡馬でも牝馬でも活躍馬が輩出されていますので、性差による戦績差はないと考えて良いでしょう。

 

父系の違いによる戦績の差(配合相性)について

出世頭のボーデンがダンチヒ系種牡馬のハービンジャー、同じく出世頭として取り上げたソネットフレーズがロベルト系種牡馬のエピファネイアと全く異なる系統の種牡馬から、それぞれクラシック戦線を賑わした競走馬を輩出しましたので、繁殖牝馬ボージェストは種牡馬を選ばず優秀な競走馬を輩出できる可能性のある繁殖牝馬なのでしょう。

 

ボージェスト、アドマイヤセプター姉妹 レーダーチャート

ボージェスト、アドマイヤセプターの血統構成は全く同じですが、繁殖牝馬としての特徴は微妙に異なります。

セプターボージェスト姉妹RC

セプターボージェスト姉妹RC

繁殖牝馬ボージェストまとめ

  • 血統背景は一流。全姉アドマイヤセプターも繁殖牝馬としても優秀。
  • 種牡馬を選ばず活躍馬を輩出できると思われます。
  • 全姉同様、産駒から重賞ウイナーが輩出されていない。

 

当ブログを応援していただける方は、

YouTubeチャンネル登録をお願いします!

↓アイコンをクリック or タップ

youtu.be

POG指名馬を現地で応援しましょう!!

交通の手配はコチラ!!

血統についてもっと知りたい方はコチラ