POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.69 ベルゼール

ベルゼール プロフィール

ベルゼール

ベルゼール:2WS index 41


本馬ベルゼールは母馬ビリーヴミーが出産した5頭目の仔。母馬ビリーヴミーにはこれまでFastnet Rock、ハーツクライ、オルフェーヴルが交配されてきました。出世頭はオルフェーヴル産駒のエクリリストワールでしょうか。エクリリストワールの現在(2020年5月末時点)までの戦績は9戦3勝です。重賞への出走経験すらありませんが、これまで4着以下がなく、きっかけ一つで更なる飛躍が見込めそうな戦績を残しています。

 

母馬ビリーヴミーの競走馬としての生涯戦績は11戦2勝。勝鞍は2つしか上げられていませんが、2007年 仏 サンタラリ賞(GⅠ 芝 2000m )2着、2008年 仏 ポモーヌ賞(GⅡ 芝 2500m)、仏 コリーダ賞(GⅡ 芝 2200m)2着など重賞での好走実績があり、競走馬としての能力は低くはなかったものと考えます。

 

本馬ベルゼールの2WS indexは41となりました。上述したように、母馬ビリーヴミーは競走馬として一流の実績を残したとは言えませんが、重賞戦線では活躍した競走馬であり、自身の競争能力は決して低いものではなかったと考えます。しかしながら、ビリーヴミーの仔の中からPOG期間内に勝ち上がった馬は、まだ1頭もおらず、ビリーヴミーの繁殖牝馬としての素養には疑問が残るところです。一方、父馬スクリーンヒーローはモーリスのようなマイラータイプの競走馬を輩出が多いかと思いきや、ゴールドアクター、ジェネラーレウーノのようなステイヤーをも輩出しており、様々なタイプの産駒を輩出する種牡馬と言えます。いろんなタイプの産駒を輩出できる可能性があるものの、母馬ビリーヴミーの繁殖牝馬としての素養の不十分さを補うことのできるレベルの種牡馬とは言えないので、2WS indexの示す値に従って、ベルセールの2WS POGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

                                       

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

 

www.e-printservice.net