POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

2WS indexと名付けたPOG期間内2勝以上を上げる可能性の高い2歳馬をPOGドラフト前に探し当てるための指数を開発・検証中。

POG2020-2021ドラフト対策 No.77 ノワールドゥジェ

ノワールドゥジェ プロフィール

ノワールドゥジェ

本馬ノワールドゥジェは母馬プチノワールが出産した8頭目の仔。アグネスタキオン、ウォーエンブレム、ステイゴールド、ディープインパクト、ロードカナロア、ブラックタイドが交配されてきました。母馬の仔達の中での出世頭はウォーエンブレム産駒のローヴディサージュです。ローヴディサージュの生涯戦績は20戦3勝。主な勝鞍には2012年阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)、2014年キーンランドカップ(GⅢ)があります。阪神ジュベナイルフィリーズを勝っていますので、2012年にはJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されています。最優秀2歳牝馬には輝きましたが、クラシック戦線での戦績はあまり奮いませんでした。しかし、上記勝鞍以外にも重賞ではいくつも上位入線を果たしており、POG期間だけでなく、古馬になってからも重賞戦線で活躍した競走馬でした。

 

母馬プチノワールの競走馬としてはデビューできませんでした。未デビューの理由は不明です。しかし、ローヴディサージュをはじめ、母馬の仔達は競走馬としてデビューできておりますので、繁殖牝馬としての働きには問題がないようです。

 

本馬ノワールドゥジェの2WS indexは36となりました。母馬プチノワールからはローヴディサージュ以外の活躍馬は出てきておりません。ウォーエンブレムとの配合相性が良かっただけなのかもしれません。一方、父馬ハーツクライは自身の芝中距離適性を産駒に伝える能力のある種牡馬であり、芝の重馬場や交流ダートでも勝馬が出ていて、芝の中距離適性に加え、パワーも伝える種牡馬のようです。更に成長力にも優れており、古馬になってからピークを迎える産駒も少なくありません。しかし、アグネスタキオン、ステイゴールド、ディープインパクト、ブラックタイドとサンデーサイレンス系の種牡馬との配合では、良質な産駒は輩出されておらず、ハーツクライを父馬に迎えて誕生したノワールドゥジェにも大きな期待はかけにくい感じです。したがって、2WS indexの示す値に従ってPOGドラフトリストへの掲載は見送ることとしました。

                                       

2WS indexを元に作成した2020-2021 2WS POGドラフトリストが e-SHINBUNの購入ページや全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機内のコンテンツプリントサービス「e プリントサービス」から購入できるようになりました。是非、御購入下さい。

 

ご自宅等で2WS POGドラフトリストを購入するにはコチラ(e-SHINBUNの御利用)

www.e-shinbun.net

コンビニに設置されているコピー機から2WS POGドラフトリストを購入する手順はコチラ

 

www.e-printservice.net